LG、2画面使用も可能な最新の5Gスマホ「LG V60 ThinQ 5G」を発表

投稿日時 2月 27th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



LG は 2 月 27 日、LG デュアルスクリーンで 2 画面利用も可能な 5G 対応の最新の V シリーズスマートフォン「LG V60 ThinQ 5G」を正式に発表しました。

LG の V シリーズというと、初期にはティッカーサブディスプレイやクアッド DAC を LG スマホで初めて搭載したり、最近だと V50 で最初にセカンダリスクリーンアクセサリーや 5G をサポートするなど、どれもチャレンジングで野心的なスマホが数多く登場しており、そのプロジェクトから今年誕生したのが LG V60 ThinQ 5G となります。

LG V60 ThinQ 5G は 6.8 インチ(2,460 x 1,080)20.5:9 の P-OLED ディスプレイや Snapdragon 865 を搭載した大型で高い処理性能と 5G 性能を持ち、LG デュアルスクリーンを装着すると操作に使える画面が 2 倍へと拡大し、スタンド風に横向きに立ててビデオ鑑賞したり、ノート PC のように置き片方の画面に表示した仮想キーボードを使って PC ライクに作業することもでき、マルチタスクの処理効率と仕事の生産性が向上します。また、バッテリー容量は 5,000mAh と十分過ぎるくらい。デュアルスクリーンを使用しての長時間のビデオ鑑賞や 5G 経由のビデオ通話なども十分満足にこなせそうです。さらに、LG OLED TV で培われた LG 3D サウンドエンジンの導入などでオーディオ処理の品質も改善されワンランク上のエンターテインメント視聴体験が可能となっています。

まとめると、LG V60 ThinQ 5G は 5G によってもたらされる付加価値を余すこと無くユーザーが享受できるように設計された貴重な一台だと言えます。



LG V60 ThinQ 5G の外装は、金属とガラスをシームレスに繋いで全体的にエッジをしっかりと面取りしており、プレミアムな外観でありながら手にフィットする実用的な設計です。筐体サイズは 169.3 x 77.6 x 8.9mm / 214g。全体的にはスリムに出来ていますが、やや重たいですね。カラバリは Classy Blue と Classy White の 2 色。

OS は Android 10 を採用。メモリ構成は 8GB RAM + 128 / 256GB ROM の 2 タイプで、Micro SD スロットも付いています。

リアカメラは、F1.8 78 度レンズの 6,400 万画素(サブ画素 0.8μm)、F1.9 117 度レンズの 1,300 万画素(サブ画素 1.0μm)、ToF センサーという構成で、8K 動画の撮影をサポートしており、前面には F1.9 72.5 度レンズの 1,000 万画素(サブ画素 1.22μm)カメラを搭載しています。

LG V60 ThinQ 5G で大きく進化したのはオーデイオ周りです。スピーカーはステレオで、マイクを 4 つ搭載しており、様々な方向からの声をクリアに収録することの他に、人の声と周辺ノイズを分離して人の声を際立たせて聞き取りやすくする処理も可能となっています。また、LG 3D サウンドエンジンの恩恵によって、コンテンツ内容に応じて適切なサウンド設定が選択されるようになっており、映画ならより映画らしい音の出方となるなど視聴体験を向上させる内容となっています。もちろん 32bit クアッド DAC 内蔵でイヤホン経由でハイレゾ品質のサウンドを体験できます。

上記の他は、ディスプレイ内蔵型の指紋リーダーや USB 3.1 準拠の Type-C コネクタを搭載しており、Wi-Fi 6 や Bluetooth 5.1、NFC、Quick Charge 4+ に対応しています。

LG V60 ThinQ 5G は 3 月より北米、欧州、アジアの主要マーケットで順次発売される予定となっています。

Source : LG

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5