カシオ、夢のような全部入りG-SHOCK「GBD-H1000」を4月24日に発売

投稿日時 3月 9th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



カシオが心拍センサーや “みちびき” 対応の GPS モジュール、トリプルセンサー(コンパス / 気圧 / 高度)を内蔵しておりスマホとも連携できる、待望の全部入り G-SHOCK 腕時計「GBD-H1000」を 4 月 24 日に発売します。価格は税込みで 55,000 円です。

GBD-H1000 は往年の G-SHOCK デザインを踏襲した外観でありながら、冒頭で述べたように様々なセンサーモジュールを内蔵しており、カジュアルウォッチとしてだけでなく、ライフログの記録、本格的な有酸素運動、GPS スポーツウォッチ、スマホと連携するスマートウォッチとしても機能するので、GBD-H1000 が一本あればもう何でもこなせそうです。

光学式の心拍センサーでは、心拍数や心拍ゾーンのグラフ遷移、最小 / 最大心拍数などを計測でき、それ基づく消費カロリーを計算して記録することができます。

また、GPS / GLONASS / みちびきに対応した GPS モジュールでは、移動の軌跡を記録したり、スピード、ペース、ラップ、オートスタート、オートポーズなど、GPS スポーツウォッチで必要とされるログを記録できます。

GBD-H1000 は G-SHOCK ですので、筐体は耐衝撃構造の 20 気圧防水です。見慣れた G-SHOCK デザインなのでカジュアルファッションに適していて、G-SHOCK 好きの方ならスーツスタイルでも装着しそうですね。

GBD-H1000 は Bluetooth LE でスマホと繋がり、スマホに専用アプリをインストールすれば着信や通知を腕時計に転送したり、腕時計に心肺機能の指標を表示したり、スマホアプリ上に GPS の位置情報や軌跡、消費カロリーなどの運動データを表示します。

また、時計盤面の MIP 液晶は高コンストラストで見やすく、ソーラー充電をサポートしており腕時計としての用途であれば太陽光発電で電力を賄うことができます。

Source : カシオ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5