充電中のAndroidスマホを有効活用できる「アンビエンモード」を紹介

投稿日時 3月 10th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



充電中の Android スマホを有効活用する方法として、Google アプリの機能の一つである、「アンビエンモード」の存在をご紹介します。

アンビエントモードとは、USB 充電またはワイヤレス充電中のスマホ画面に Google フォトのスライドショー、通知、Google アシスタントの待受画面を表示する機能です。簡単に言えば Pixel Stand の待受モードが Pixel 以外のスマホでも利用できるということです。

何も設定していない充電中のスマホだと、充電中は時刻くらいしか画面に表示せずほぼ遊ばせているようなものです。そこでアンビエンモードを有効にすると、スマホがデジタルフォトフレームになりますし、通知や Google アシスタントの待受画面も大きく見やすい内容で表示されるので、デスクやベッド脇でスタンド充電している際には便利なデバイスへと変身します。

アンビエンモードの画面には接続済みのスマートデバイスをコントロールするショートカットボタンも表示されるので、Nest Hub のようにタップで照明やエアコンなどの ON / OFF ができます。



アンビエントモードを有効にするには、Google アプリの設定メニューを開き、「Google アシスタント」 → 「アシスタント」タブ → アシスタントデバイス欄の「スマートフォン」をタップして、リスト中の「Ambient Mode」を ON にします。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5