富士通の5Gスマホ「arrows 5G」はAdobe Photoshop Expressモードで綺麗な写真が撮れる

投稿日時 3月 31st, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



富士通が NTT ドコモ向けに同社初の 5G スマホとなる「arros 5G F-51A」を発表しました。arrows 5G は高いスペックを備えた 5G スマホなのですが、それに加え、画像編集ソフトで有名な Adobe 社と提携してスマホでますます重要になっていく写真画質をプロ並みの作品に仕上げるスペシャル機能も搭載しており、とても注目される一台です。arrows 5G の発売次期は今年 6 月下旬となっています。

arrows 5G は 6.7 インチの 3,120 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイや Snapdragon 865 プロセッサを搭載したハイスペックモデルです。OS は Android 10 を採用しており、HDR 動画の再生機能、おサイフケータイ、指紋認証、IP68 レベルの防水・防塵など、現代のスマホに欠かせない機能を多数搭載しています。

注目のカメラですが、リアカメラは 4,800 万画素の広角カメラ + 1,630 万画素の超広角カメラ + 800 万画素の望遠カメラのトリプルレンズ仕様。「Photoshop Express」モードにより、写真の撮影時から Photoshop Express による自動補正が適用されます。カメラは Photoshop Express アプリと連携しており、撮影後に編集モードへと切り替えてレタッチし直すことも簡単にできるようになっています。

また、フロントカメラは F2.0 レンズ、3,200 万画素と高精細なので、自撮りモードで人の顔などを明るく綺麗に撮影できますし、画素数が大きいのでグループ撮影などで小さく写ってしまった被写体を拡大してもそこそこ綺麗にクロップすることができます。

5G スマホではギガビットクラスの高速通信が可能であるがゆえに 4K 以上の高精細な映像をストリーミングすることが多く、それに伴って熱も心配されます。arrows 5G では筐体フレームと液冷ベイパーチャンバーを一体化させた構造を採用して熱の伝導効率を高めており、処理の複雑なゲームだったり高精細ライブストリーミング時などに端末が高温状態を保ち続ける現象を軽減させています。

arrows 5G の特徴でもある 5G 通信機能については、下り最大 4.1Gbps 上り最大 480Mbps のスループットを出せて 4G LTE でも下り最大 1.7Gbps、上り最大 131.3Mbps のスループットが出せます。

上記の他、8GB RAM + 128GB ROM、Micro SD スロット、USB Type-C コネクタなどを搭載しており、Wi-Fi 6 や Bluetooth 5.1 にも対応しています。

Source : docomo online shop

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5