ソニー、Android 3.0(Honeycomb)を搭載したタブレット「Sony Tablet」を発表、9.4インチ”S1″と5.5インチデュアルスクリーンのクラムシェル型”S2″(更新:動画と画像を追加)

投稿日時 4月 26th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sonyは4月26日、東京都内で開催したプレスイベントにおいて、Android 3.0(Honeycomb)を搭載したタブレット”Sony Tablet”2機種を発表しました。それぞれ2011年秋以降に順次、全世界で発売が開始される予定となっています。

今回発表された”Sony Tablet”には、9.4インチディスプレイを搭載するストレート端末のコードネーム”S1”(写真左)と、5.5インチディスプレイを2枚搭載するクラムシェル型端末のコードネーム”S2”(写真右)がラインアップされています。

Sony Tablet “S1″:9.4インチディスプレイ、NVIDIA Tegra 2プロセッサーを搭載。端末片側に重心を寄せた”偏重心デザインによって、持ったときの軽量感とホールド時の安定性を実現していることが特徴。



Sony Tablet “S2″:5.5インチ(解像度は1,024×480)のディスプレイを2枚、NVIDIA Tegra 2プロセッサーを搭載。2つの画面を合わせて利用することも、それぞれ異なるコンテンツを表示して利用することも可能。例えば、片方にブラウザを、もう片方にキーボードを表示して利用することができます。折り畳めば、IS01より若干大きい程度のサイズになります。



端末の形状ととコードネームは2月にリークされた情報と一致していますね。

”Sony Tablet”には、タッチパネル上の操作やブラウザーの表示をサクサクにするSonyの”Swift&Smoothテクノロジ”を搭載し、ネットワークサービス「Qriocity」や初代PSゲームを遊べるPlayStation Suiteに対応しています。また、赤外線機能を搭載しており、ブラビアを始めとするテレビ等の操作できたり、DLNAに対応しており、タブレット内の映像や音楽、写真を無線LANで他のデバイスと共有できます。



Source : SonyEngadget

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5