Xperiaであなたの生活がこう変わる

投稿日時 3月 25th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。

これから発売されるXperia、Xperiaの登場とともに価格が安くなると見られお買い得になるHT-03Aが始めてのAndroidスマートフォンと言う方に、Androidスマートフォンを持つと日々の生活がどう変わるのか、私の経験を踏まえてお話したいと思います。

この変化が良い、悪いは別として、Androidスマートフォンを持つことで始まる新しいライフスタイルを満喫してもらえたらよいと思います。

PCを操作することが多くなる

Androidの魅力の一つとして、Googleが提供する各種サービスとのシームレスな連携、他の多くのクラウドサービスの利用が挙げられます。

これらのサービスは、PCで操作してもAndroidで操作しても基本的には全て同じデータにアクセスできることから、Androidで撮影した写真や動画をWEB上にアップロードしPCで編集、閲覧して楽しんだり、Evernoteなどのメモ共有サービスを利用して作成したメモをPCで閲覧したりできます。

そうなると、必然的にPCを使ってアップロードされたデータにアクセスして閲覧したり、編集したりすることが多くなります。

また、Androidに手を染めると、WEB上にある面白いサービスが他に無いか探したりします。そして見つけたWEBサービスをAndroidで利用できないかどうかAndroidマーケットでアプリを探してしまうようになります。

このようなことをやっているとといつの間にかPCから離れられなくなってしまい、そのうちWEBサービス、クラウドマニアの称号を手に入れることになってしまうかもしれません。

Googleサービスを利用、活用しだす

上記のように、Androidは基本的にGoogleサービスを活用することでその旨みを味わえます。Xperia、HT-03Aが初Androidと言う方も、Androidを便利に使おうと思うのは同じでしょうから、必然的にAndroidユーザはGoogleサービスを活用しだしてしまうんです。

Googleサービスのことにあまり関心のない方でも、Androidを使っていくうちに自然とGoogleサービスを活用してしまうんです。ま、人それぞれ活用の度合いが違いますけどね。

とにかく、Androidを手にしたその日からGppg;eサービスの虜になることは間違いありません。

Googleリーダーを活用しだす

これは上記のことにも含まれることですが、特出すべきことだと思っているので書きます。

Googleサービスの中に、「Googleリーダー」と呼ばれるRSSリーダーサービスがあります。このGoogleリーダーに、ニュースサイト、ブログサイト、はてなブックマーク、GoogleアラートなどのRSSフィードを追加してすばやく効率的にWEB上の記事を読むことができます。

これまでRSSリーダー自体を利用したことが無い方でも、情報収集をいかに効率よく行うかに注目するときが来るはずなので、いずれは利用してしまうことになると思います。

その時出会うのがこのGoogleリーダーです。Googleリーダーは、Androidのブラウザアプリからでも無理なく利用できますし、Androidマーケットに公開されている多数のGoogoleリーダー同期アプリを使って利用することもできます。

その数がハンパなく多いんですよね。もう、AndroidでRSSリーダーを使うというと、Googleリーダーを避けては通れないはずです。



音声検索を多様しだす

Androidではいくつかのアプリで音声検索をサポートしています。iPhoneではウェブ検索でしか利用できないのですが、Androidでは、ウェブ検索はもちろんのこと、音声を使って端末にインストールされているアプリや連絡先、GoogleマップやYouTubeでは音声でスポットや目的地、キーワードにあった動画を検索することができます。

なので、Androidを手にしたあなたは端末に向かって音声入力して情報を検索するようになるでしょう。

このように、乗換案内も音声で検索することができます。



GPS連動アプリを多様しだす

ほとんどのAndroid端末にはGPSが標準搭載されています。もちろんXperia、HT-03Aにも付いています。

そして、誰でもが思うことは「今いる場所を誰かと共有したい」と言うことです。友人と待ち合わせをしているとき、現在位置を知らせたくなりませんか?また、現在位置を何かの記録として残したくありませんか?

そういう欲求が、Googleマップを始め、Androidマーケットで公開されている数多くのGPSアプリを利用することにつながるのです。

また、ランニングやウォーキング、サイクリング、登山などのスポーツをされている方は、動いた軌跡を保存しておきたいと思うでしょう。もちろんAndroidではそれ専用のアプリが多数公開されているの心配無用です。

電車やバスの中でAndroidユーザに親近感を持つようになる

これはある意味職業病と言うようなものでしょうか。HT-03Aしか国内で販売されていなかったときは、そのユーザ数の少なさから同じHT-03Aユーザに過剰なほどの親近感を覚えたことも多々あります。

それは、Twitterなどに「前に座っている人、HT-03Aユーザなう」とかそういうツイートをしてしまうほどのものです。

恐らく、Xperiaを手にしたあなたは通勤、通学電車の中で、同じXperiaユーザ、Androidユーザに出会うと並々ならぬ親近感を覚えてしまうこと間違いありません。

iPhoneユーザと無言のバトルを繰り広げるようになる

Androidの敵はiPhoneです。それは通勤・通学時の電車内でもろに感じる事でしょう。現状では電車内ではiPhoneユーザに占拠されている状態なのですが、その中にAndroidユーザが入りこむと並々ならぬ対抗心が沸いてくると思います。

HT-03Aが相手だとiPhoneの圧勝と言う空気が漂っておりなぜかやるせない思いに浸ってしまっていましたが、Xperiaが登場した今はそうは行きません。

ハードウェアスペック的にはXperiaが勝っていますから、その空気は一変すると思います。Nexus Oneならなおさらです。その空気をこれからの通勤、通学電車、バスの中で味わってください。

バッテリーの残量を気にするようになる

残念ながらAndroidスマートフォンは、一般的な携帯電話と比べてバッテリーの持ちが非常に悪いです。一回の充電で一日持つと思ってバリバリ使っていると半日持たないと思います。

これは、端末自体がハイスペックであることとともに、Androidの動作自体頻繁にネットに接続して同期を取ったりすることに対して、バッテリーの容量が少ないから仕方の無いことですが、そう思っていたとしてもやっぱりバッテリーの残量を気にするようになります。

バッテリー残量が100%のときであれば何ともないのですが、それからひとコマずつゲージが下がっていくにつれて不安で不安でたまらなくなります。

バッテリー残量が50%を切ってくるとかなり絶望的な感覚に襲われるkとはほぼ間違いないでしょう。バッテリーの減るスピードが速いからこのように思うのかも知れません。

就寝前、起床後はAndriodいじりしだす

寝ようと思って布団に入ったのは良いのですが、Androidマーケットで何か良いアプリが無いか探したり、YouTube動画を見たり、Googleリーダーに登録した記事を読んだりしていると、いつの間にか1時間は軽く越えていることも良くあります。

また、起床後も布団の中でひたすらAndroidいじりをすることも頻発しているため、生活サイクルが狂ってしまうことが予想されます。

布団に入る時間を早めたとしても、その時間をAndroid弄りに費やしてしまうことになるので結局生活サイクルが崩れてしまうことになります。

このことは、これからXperia、HT-03Aを持つ方に考えていただきたいことで、なるべく布団にはAndroidを持ち込まないようにしてほしいと思っています。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5