Miniシリーズ新モデル「Xperia mini」の特徴とスペック(更新:発売時期は2011年6月)

投稿日時 5月 6th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



Sony Ericssonが5月5日に発表した、Xperia新モデル「Xperia mini」の特徴やスペックです。

Xperia miniはブラック、ホワイト、ダークピンク、ブルーのカラフルなラインアップで展開されます。ディスプレイサイズは3インチと、前世代(Xperia X10 mini)より大型化していますが、それでも94gという本体重量で軽そうですね。また、ホームボタンは物理ボタンなのですが、メニューと戻るボタンがタッチ式のボタンになりました。

OSは他のXperia新モデルと同じくAndroid 2.3(Gingerbread)です。Sony Ericsson独自UIを搭載していますが、miniシリーズ向けのUIとなっています。画面4隅に良く利用するアプリ4×4=合16個のアイコンが配置できるようになっています。この部分はXperia X10 miniシリーズのUIと異なります。ホーム画面中央部にはやはりウィジェットしか配置できないようです。

ソフトウェアの面でも既に販売されているXperia新モデルと一部内容が異なるようです。Sony Ericssonは、Xperia miniシリーズの発表と同時に、”Facebook inside Xperia”を発表しました。例えば、Facebookで共有された写真をギャラリーアプリで表示できるようになり、ギャラリーアプリからコメントを追加することができたり、音楽アプリの”いいね”ボタンを押すと、聴いている音楽の情報をFacebookに投稿できるといったFacebokへの最適化が施されています。その他、”Facebook inside Xperia”ウィジェットというFacebookで共有された音楽や動画に関する情報を一括表示できるTimescapeのようなウィジェットまで追加されています。

Xperia miniのスペックは以下の通り。バッテリーは取外し可能になっています!

  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • UI:Sony Ericsson独自
  • サイズ:88.0mm×52.0mm× 16.0mm
  • 重さ:99g
  • ディスプレイサイズ:3インチ、HVGA(480×320)
  • ディスプレイ:TFT液晶ディスプレイ、モバイルBRAVIAエンジン、16,777,216、キズ防止加工、静電容量式、マルチタッチ
  • チップセット:Qualcomm MSM8255 1GHz
  • メモリ:512MB
  • ROM:320MB(ユーザ領域)
  • マイクロSD:32GBまで対応(2GBのマイクロSDカードが同梱)
  • メインカメラ:500万画素、カメラフラッシュ搭載、720p HD動画撮影対応
  • サブカメラ:非搭載
  • 対応周波数(ST15i):GSM/GPRS/EDGE (850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA(900/2100MHz)
  • 対応周波数(ST15a):GSM/GPRS/EDGE (850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA(00/1900/2100MHz)
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:マイクロUSB、3.5mmオーディオジャック
  • センサー類:加速度、近接、ライト、コンパス、A-GPS
  • バッテリー:1,200mAh
  • 連続待受時間:340時間
  • 連続通話時間:4時間30分
  • Flash Player 10.1対応
  • カラー:ブラック、ホワイト、ダークピンク、ブルー
  • 発売時期は2011年Q3中
Source:  Sony Ericsson

更新1:Xperia miniのホワイトペーパーが公開されました。プロセッサーはMSM8255 1GHzです。また、発売時期は2011年6月となっています。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5