Androidマーケットの有料アプリの購入方・払戻し手順

投稿日時 4月 2nd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » 未分類
コメントは受け付けていません。

Xperiaの発売とともに数多くの方々が晴れてAndroidユーザとなったことだと思います。そして、Andriodマーケットで公開されている数多くのアプリをインストール、アンインストールして楽しんでいる事だと思います。

しかし、Androidマーケットで公開されている有料アプリの支払いは、docomo、キャリア経由で行うのではなく、Google CheckoutというGoogleの支払いサービスを利用して行いますので、その支払いの設定手順などをご紹介しようと思います。

今回紹介する内容は、Xperia以外にもその他のAndroidスマートフォンでも同じことなので、これからAndroidスマートフォンを購入される方にも見ていただきたいと思います。

Google Checkoutの設定

まずは、PC上でGoogle Checkoutが使えるように設定します。WEBブラウザを起動しhttps://checkout.google.com/mainにアクセスしてください。

そして、画面左側に表示されている「お支払い情報の編集」をクリックします。Google Checkoutでは、

  • American Express
  • Discover
  • MasterCard
  • Solo
  • Visa
  • Visa Electron
のロゴが付いたクレジットカード、デビットカード、ギフトカードを登録することができます。銀行振り込み、銀行引き落としは利用できません。私はクレジットカードを登録しています。

カード情報を登録する画面が表示されますので、カード番号や有効期限、CVCコード(カード裏の直筆サイン欄の右上の三桁の数字)を入力後、「メインのお支払い方法に設定」にチェックを入れて「保存」をクリックします。



これでGoogle Checkoutを使ってAndroidマーケットの有料アプリを購入する手続きが完了しました。画面左に登録したカードの情報が表示されればOKです。



Androidマーケットで有料アプリの購入

支払い設定が完了しましたので、早速Androidマーケットで有料アプリを購入してみたいと思います。

今回は、「Beautiful Widget」と言う€1.49円の有料アプリを購入してみたいと思います。

※ 表示値段は全て円に換算されます。今回購入したアプリは、€1.49ですが、円換算すると189円です。円換算された値段が気になる方は、Google検索窓に「1.49€を円」と検索してみてください。現行レートによって換算されます。

アプリの詳細に入り、「購入」をタップします。



「OK」をクリックします。



「今すぐ€1.49」をタップすると実際に購入手続きがスタートし、クレジットカードによる支払いが完了した時点で自動的にアプリがインストールされます。



※ もし、何らかの事情でクレジットカードからの支払いができなかった場合、強制的に注文処理が走ったり、アプリのインストールが行われたりすることはありません。これは経験済みです。

購入手続きが完了すると、Google Checkoutから購入が完了したことを知らせるメールもインストールしている最中に送付されます。

アプリのインストールが完了すると、次の図の通りに「インストール済み」にステータスが変更します。これで有料アプリのインストールは完了しました。



インストールした有料アプリの払い戻し

Andriodマーケットでは、購入した有料アプリを上記のようにインストールしたその時間から24時間以内であれば一度だけ払い戻してアンインストールすることができます。

一度だけしか払い戻しすることができませんので、「やっぱりあの有料アプリ使いたい」と思ってもう一度同じアプリをインストールした場合は払い戻しすることができません。もちろんアンインストールすることは可能です。

また、購入から24時間以上経過したアプリも同様に払い戻しすることができません。

購入した有料アプリをキャンセルして払い戻しする場合、Androidマーケットを開き「ダウンロード履歴」をタップしてインストールしたアプリリストを表示させます。

そして、払い戻しするアプリを選択して、「アンインストールと払い戻し」をタップします。これでOKです。



この操作を行うと、アプリケーションがアンインストールされ、払い戻し完了のメールも送付されます。また、Google Checkoutの購入履歴で払い戻しされたことを確認することもできます。



一度だけなら払い戻しができるので、とりあえず使ってみて気に入らなければ払い戻すと言う感じで購入してみると良いかも知れません。

実際、私は有料アプリを購入しては払い戻してと言うことを比較的多く繰り返しているユーザだと思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5