BenQ Japan、大容量バッテリーを搭載したAndroid電子書籍リーダー「R100」を発表、6月10日に発売

投稿日時 5月 31st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



BenQ Japanは5月31日、Androidを搭載した電子書籍リーダー「R100」を発表しました。6月10日(金)より販売が開始されます。価格はオープンプライス。カラーはホワイトのみ。

R100はLEDバックライトの10.1インチ、解像度WSVGA(1,024×600ピクセル)の液晶ディスプレイを搭載した端末。容量約7950mAhのバッテリーを搭載し、リーディングモードで約16時間の連続使用が可能という。

タッチパネルは感圧式(シングルタッチ)、製品にはスタイラスが付属します。電子書籍を読書中、重要な文章にマーキングをしたり、メモを書き込んだり、書き込んだ情報を消すことができます。

R100では電子書籍の読書のほか、Androidアプリを使ってWEBサイトの閲覧や動画・音楽の再生、プリインストールされているThinkFree Officeアプリを使いMS Word、Excel、PowerPointの閲覧・作成・編集のほか、PDFの閲覧もできます。なお、R100はAndroidマーケットに非対応なので、別途アプリストアをインストールするなどしてアプリの導入を行う必要があります。OSはAndroid 2.0(Eclair)を搭載。

内蔵ストレージは8GB フラッシュドライブ(空き容量約4.5GB)を搭載し、SDカード(最大16GBのSDHC対応)で容量を拡張することができます。対応フォーマットはテキスト(PDF、 TXT、EPUB、HTML、EBI、DOC、PP、 EXCEL)、画像(JPG、GIF、BMP、PNG)、音楽(MP3、WMA、AAC)、動画(3GP、MP4、AVI、WMV)。

通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、3Gモジュールは非搭載。

その他のスペックとしては、プロセッサーはSamsung S5PC100 833MHz、外部IFはmini USB 2.0、mini HDMI出力、ヘッドフォンジャック、1W×1のスピーカーと搭載。Flash Lite 4.0対応。本体サイズは:172 x 266 x 14.55(mm)、本体重量は720g。

中国では今年Q1に発売されていたようです。

Source : BenQ Japan

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5