NTTドコモ、「Galaxy S SC-02B」と「Galaxy Tab SC-01C」のAndroid 2.3(Gingerbread)バージョンアップを明日6月7日10時以降開始と発表

投稿日時 6月 6th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

NTTドコモは6月6日、「Galaxy S SC-02Bと「Galaxy Tab SC-01C」におけるAndroid 2.3(Gingerbread)へのバージョンアップを明日6月7日より実施することを発表しました。以前紹介した日時と同じですね。

アップデート開始予定時刻は6月7日午前10時以降。それぞれバージョンアップに要する時間は20分程度。

今回はOSのバージョンアップも含むため、アップデート実施による変更点はAndroid 2.3(Gingerbraed)としての機能と、Samsung独自機能の機能があります。

  • Android 2.3としての変更内容の一部
    -ゲームやアニメーションの動作性能向上
    -「バッテリー使用量」、「メモリ使用」が設定メニューに追加
    -「ダウンロード」アプリが追加
  • Samsung独自の変更内容の一部
    -(SC-02Bのみ)ウィジェット追加画面に、提供元情報の表示を追加
    -(SC-02Bのみ)通知パネルの変更
    -(SC-01Cのみ)「電卓」、「スケッチメモ」アプリの追加
    -「Daily Briefing」ウィジェットの個別配置に対応(スケジュールやニュースなど)
    -通知バーアイコンの変更
バージョンアップは、SamsungのPC管理ツール「Samsung Kies」を使用して行います。

Samsung Kiesダウンロードサイト
http://jp.samsungmobile.com/pc/support/kies.html

バッテリー残量が15%以下の場合、バージョンアップを実施できないとのことなので、実施前にフル充電しておいた方が良いですね。

バージョンアップ中、端末内のデータは残りますが、設定は初期化されるとのこと。

6月下旬までに順次ドコモショップにてOSバージョンアップが実施可能となる予定です。ドコモショップのパソコン設置状況については、ドコモ インフォメーションセンターへ問合せてください。

Source : NTTドコモ(Galaxy S)、(Galaxy Tab

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5