Sports Trackerを使って、世界中のユーザがどこをランニングしているのか見てると面白い

投稿日時 4月 18th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » 未分類
コメントは受け付けていません。

私は市民ランナーなので、普段のランニングデータを記録するために、SportsTrackLive.comと言うWEBサービスを利用し、Androidマーケットで公開されている「Sports Tracker」と言うアプリを使って記録しています。

このSports Trackerは、ランニングしたときの開始・終了時間、距離、ペース、高低差はもちろん、走った軌跡を地図上に表示してくれたり、ペースや高低差をグラフにして表示してくれたりする、「ランニングをするならこのアプリだ!」と言うくらい崇拝しているアプリです。



さらに、ランニングの開始、終了などをTwitter、Facebookに通知したり、自身のWEBサイトやブログに対して情報を表示することができる埋め込みコードが提供されていたりとランニング時のデータを取得する以外にも豊富な機能が提供されています。

今回お話したいのは、SportsTrackLive.comの他のユーザの情報まで公開されていれば全て見られると言うことです。それはPCのブラウザを使っても、Android用アプリ「Sports Tracker」を使ってでも見ることができます。

アプリを起動し、「All Tracks」を選択すると、「Running」、「Cyling」m「Walking」と言ったスポーツカテゴリが表示されます。



この中から気になる項目をタップしていくと、次のように自身のトラックデータを公開しているユーザの情報がズラズラと表示されます。



日本でこのアプリ、WEBサービスを利用している人はあまりおらず、表示されるほとんどは海外ユーザさんなんですよね。その海外ユーザさんがいったいどんなところを走っているのか、時々興味を持つことってありませんか?(島国根性丸出しですが・・・)



結構、こういうのって見ていると面白くて、軌跡が表示されるのはGoogleマップ上なので、ズームしたり衛星写真表示にしてみてたりしていると結構暇つぶしになるんですよね。



もちろん、自分がこのように他のユーザから見れるように公開設定してれば、世界中の方から見られます。

こんな感じで、走る以外にも見る楽しみがあるSports Tracker、SportsTrackLive.com。Androidユーザでランニングされているのではあれば是非お使いになることをお勧めしますよ。

SportsTrackLive.com

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found