NTTドコモ、LTE対応Honeycombタブレット「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」を正式発表、デュアルコア1.5GHz CPUを搭載

投稿日時 9月 8th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTTドコモは9月8日、同社のLTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応するAndroidタブレット「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」を発表しました。今年10月に発売。

Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01Dは、Android 3.2(Honeycomb)、10.1インチWXGAのタッチスクリーン、Qualcommのデュアルコア1.5GHzプロセッサーを搭載したSamsungのAndroidタブレット。厚さ8.6mm、質量565gというスリムで軽量ながらも7,000mAhという大容量のバッテリーを搭載したことが特徴。

Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01DのUIはSamsung独自の”TouchWiz”で、リサイズ可能でリアルタイム通知に対応したウィジェット(天気や写真フレーム、コンタクト情報など)を含む”Live Panel”、頻繁に利用すると思われる6つのアプリをいつでも起動できる”Mini Apps Tray”が含まれています。

別売のオプション品であるUSBアダプタ(SC01)、HDMI変換ケーブル(SC92)を利用できます。

Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01Dのスペックは以下の通り。

  • OS:Android 3.2(Honeycomb)
  • UI:Samsung TouchWiz UX、Live Panel、Mini App
  • サイズ:256.6mm(H)×172.9mm(W)×8.6mm(D)
  • 重さ:約565g
  • ディスプレイサイズ:10.1インチ、解像度1,280×800(WXGA)
  • ディスプレイ:PSL-LCD、16Mカラー、静電容量式、マルチタッチ
  • チップセット:Qualcomm デュアルコア1.5GHz、MDM9200 LTEモデム
  • GPU:Adreno 220
  • メモリ:1GB
  • ストレージ:16GB
  • 外部メモリ:非対応
  • リアカメラ:320万画素CMOS
  • フロントカメラ:220万画素CMOS
  • 対応周波数:GSM(900/1800/1900)、WCDMA(800/2100MHz)、LTE 2100MHz
  • HSDPA:14.4Mbps
  • HSUPA:5.76Mbps
  • ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth 3.0
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、30pinドックコネクタ
  • センサー類:加速度、ライト、ジャイロ、デジタルコンパス、GPS/A-GPS対応
  • バッテリー:7,000mAh
  • 連続待受時間:-
  • 連続通話時間:-
  • 機能など:DLNA
  • おサイフケータイ:非対応
  • ワンセグ:非対応
  • 赤外線通信:非対応
  • spモード:対応
  • iチャネル:非対応
  • メロディーコール:非対応
  • 声の宅配便:非対応
  • 防水:非対応
  • docomo Pallete UI:非対応
  • Wi-Fiテザリング:対応(最大5台まで)
  • 緊急地震速報(エリアメール):-
  • Flash Player:10.3プリインストール
  • SIMタイプ:ドコモUIM(通常サイズのSIM)
  • カラー:ピュアホワイト
 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5