米Amazonが7インチIPS液晶搭載タブレット端末「Kindle Fire」を発表、価格は$199で11月15日に発売、現在予約受付中

投稿日時 9月 29th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



米Amazonは9月28日、米ニューヨークで開催したプレスイベントで同社の新しいKindle製品を発表しました。その中で、これまで噂されていたAndroidベースのタブレット端末「Kindle Fire」も発表されました。価格は$100。既に予約受付が開始されおり、出荷予定日は11月15日。

映画、音楽、書籍、雑誌、アプリ、ゲーム、そしてWebブラウジングのための新しいKindleと言われる「Kindle Fire」は、ゴリラガラスを表面パネルに採用した7インチWSVGA(1024 x 600 )サイズのIPS液晶ディスプレイ、TIのデュアルコアプロセッサー、8GBの内蔵ストレージを搭載したAndroidベースのタブレット。今回発表されたのはインターネットアクセスに無線LANのみをサポートしたモデル。カメラは非搭載。

Kindle FireにはAmazonMP3(音楽)、Amazon Kindle(電子書籍)、Amazon Instant Video(動画)、Amazon AppStore(アプリ)などの各サービスが組み込まれています。Amazonで購入した電子書籍や音楽などすべてのAmazonコンテンツは無料で提供されるAmazon Cloud Storage上に保管することが可能。”Whispersync”技術により、書籍の読み位置やしおり、マーカー等の同期はもちろん可能で、Kindle Fireでは、さらに動画の停止位置を同期することにも可能という。

Kindle FireにはAmazonのクラウドサービスの力を活用した”Amazon Silk”と呼ばれる独自ブラウザが搭載されています。WEBページのリクエスト毎にSilkがネットワークの状況やページの複雑さ、キャッシュの保存場所などの要素を基にローカルまたはEC2のどちらでレンダリングを行うのか判断することで、高速なWEB閲覧が可能になると言われています。

対応フォーマットは、Kindle (AZW), TXT, PDF, unprotected MOBI, PRC natively, Audible (Audible Enhanced (AA, AAX)), DOC, DOCX, JPEG, GIF, PNG, BMP, non-DRM AAC, MP3, MIDI, OGG, WAV, MP4, VP8。

無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応。フル充電までかかる時間は約4時間、連続読書時間は約8時間。本体のサイズは190 mm×120mm×11.4 mm、質量は約413g。

Source : Amazon.com

 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5