米Verizon、MotorolaのLTEタブレット「Droid Xynboard」2機種と薄型LTEスマートフォン「Droid RAZR」のホワイトカラーを発表

投稿日時 12月 7th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

米Verioznが同社のLTEサービスに対応したAndroidタブレット「Droid Xyboard」2機種と、LTE対応の薄型Androidスマートフォン「Droid RAZR」のホワイトカラーを発表しました。今月中には発売されるそうですが、発売日は発表されていません。

「Droid Xyboard」2機種は、10.1インチWXGAサイズのIPS液晶ディスプレイを搭載した「Droid Xyboard 10.1」と、8.2インチWXGAサイズのIPS液晶ディスプレイを搭載した「Droid Xyboard 8.2」。それぞれ、欧州では「XOOM 2」、「XOOM 2 Media Edition」として発売されています。そのVerizon版です。

それぞれ、TI OMAP 4430 1.2GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、16GB/32GB/64GB(64GBはXyboard 10.1のみ)の内蔵ストレージ、背面に500万画素CMOSカメラ、前面に130万画素CMOSカメラ、microHDMI出力端子、IRブラスタ(赤外線リモコン)が搭載されています。

OSはAndroid 3.2(Honeycomb)ですが、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)にアップグレード予定と案内されています。自宅パソコンの動画や音楽をストリーミングしたり、文書ファイルをダウンロード/アップロードできたりする「MotoCast」にも対応。

Droid Xyboard 10.0の価格は、16GBモデルで$529.99、32GBモデルで$629.99、64GBモデルで$729.99。Droid Xyboard 8.2の価格は、16GBモデルで$429.99、32GBモデルで$529.99。今のところ、Verizonと2年契約を結んだ時の価格しか発表されていません。

次の画像はDroid RAZRのホワイトカラーです。側面~背面のフレームカラーがホワイトとなっているだけのようです。



Source : Verizon

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5