フリービット、タブレット端末としても使える?Android搭載デジタルフォトフレーム「ServersMan Cast@net」を7月に発売

投稿日時 6月 23rd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

Android、iPhone、VPS、PC版ServersManでおなじみのフリービットは23日、フリービットグループのDIT(ドリーム・トレイン・インターネット)エクゼモードとともにAndroidを搭載したデジタルフォトフレーム「ServersMan Cast@net」を7月1日より発売するそうです。





ServersMan Cast@netは、Android1.5を搭載したデジタルフォトフレームチックなタブレット端末で、CPUはARM11コア(667MHz)、RAM 256MB、ROM 2GB。8インチディスプレイ(800×600)タッチパネル、Wi-Fi(IEEE802.11g/b/g/n)、10/100BASE TXポート、SDカードスロット、USBポートを備えるというなかなかのハイスペックぶりに香ばしい香りをかもし出す。

製品にはServersManが搭載されているため、携帯電話やスマートフォンからフリービット提供の「Scooop」などを使ってカメラで撮影した写真をWi-Fi、3G関係なくアップロードすることができ、そもそも端末内のストレージ領域にフルアクセスできることから写真以外のデータ(音楽、動画、ドキュメントなど)もアップロードして楽しむことができるという。

驚きなのが、この端末にはChromeブラウザが搭載されているということ。Android+Chrome・・・Google TV?を彷彿させるかのような仕様で、オフィス文書対応ドキュメントビューワ(体験版)がプリインストールされている。

残念ながらAndroidマーケットにはアクセスできない仕様らしいが、独自でアプリをインストールできる仕組みも提供されるとのこと。

端末にはバッテリーが搭載されておらずAC電源での駆動がメインだが、それでもタブレット端末としての利用できるだけの機能とスペックは備えていると思われる。正直欲しい。

価格は、

  • 一括払い型:24,800円(税込み)
  • 継続課金型:2,100円×12(税込み)
での購入が可能。

一括払い型は7月1日よりEXEMODE E-SHOP、エグゼモードアウトレット楽天市場、エグゼモードアウトレットストア(Amazon マーケットプレイス内)の各ショップで予約を受け付け、継続課金型は7月9日よりDTIのWEBサイトで予約受付を開始する。発送は7月中旬~下旬となるそうだ。買おうかな・・・。

ServersMan cast@netの詳細な情報は、フリービットのプレスリリースをご覧ください。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found