Google、Androidマーケットにアプリを自動検査するマルウェア対策システム”Bouncer”を導入

投稿日時 2月 3rd, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


Androidアプリのマルウェア問題が日々伝えられている中、GoogleがAndroidマーケットのマルウェア対策機能として”Bouncer”(コードネーム)と呼ばれるシステムを導入したことを同社のブログを通じて明らかにしました。

”Bouncer”はAndroidマーケット上のアプリを裏で自動的に検査するシステムで、アプリがアップロードされると即座にスキャンを開始して既知のウイルス/スパイウェア/トロイの木馬などが無いかをチェック。既知の悪意のあるコードが見つかった場合にはアプリのアップロードを遮断するそうです。また、Androidマーケットのアプリはクラウド上の仮想マシンで実行し、Android端末でどのように動くのかをシミュレート、スキャン済みアプリとの比較も行い不審な行動がないか日々分析しているそうです。さらに同一人物が別の開発者アカウントを使って不正なアプリの配布を繰り返さないようにすることを目的に、新規の開発者アカウントの分析も行っているそうです。

Googleは以前よりBouncerのテストを実施しており、マルウェアとみられるアプリのダウンロード数が2011年前半と比較して40%減ったとしています。

Source : GoogleAndriod Central

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5