Rumor:Android3.0(Gingerbread)の追加情報、最低でも1GHz、512MBのRAM、3.5インチ以上のディスプレイが必要?

投稿日時 7月 1st, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

つい最近Froyoが出たばかりですが、今度は次期Android3.0とも言われているコードネーム「Gingerbread」の追加情報がunwiredview.comのブログの中で説明されています。

ではその詳細というのを箇条書き

  • ホリデーシーズンに間に合わせるために最初の端末は11月~12月ごろにリリースされる。それに合わせるためにGingerbreadは10月中旬にリリースされるだろう
  • Gingerbreadに対する最小ハードウェア要件は1GHz以上のCPU、512MB以上のRAM,3.5インチ以上のディスプレイが必要
  • 4インチ以上のディスプレイであれば、1280×760の解像度をサポートする
  • ユーザインタフェースが一新される。例えばNexus Oneに搭載されてたようなギャラリーアプリのような感じ
  • Androidは二つに別れる。一つはハイエンド向けのAndroid3.0、もう一つはローエンド向けのAndroid2.1/2.2
これまで同じように”噂”として上がっていたARM Cortex A9とDual、Quadプロセッサのサポートが含めれば、なんだかAndroid2.2→Android3.0という大幅なジャンプアップもうなづけますね。

ハードウェア要件を見れば一応Desire、Nexus Oneは大丈夫そう。HT-03Aは思いっきりアウトですな。Xperiaは頑張ればイケる?

Unwiredreview.com

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5