Apple、新型iPadを発表、日本では3月16日に発売(更新)

投稿日時 3月 8th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



米Appleが第三世代目となる新型iPadを発表、同日より予約受付を開始しました。予想されていた”iPad 3”や”iPad HD”といった名前ではなく、シンプルに「iPad(プレスカンファレンスでは”The new iPad”)」として紹介されていました。iPodやMacBookと同様のネーミングに路線変更したようです。国内では3月16日に発売されます。販売キャリアは今のところSoftBankのみ。

新型iPadでは、Wi-Fi+3Gモデルの3G通信機能において、従来のEV-DO方式/HSPA方式に加えて、より高速なデータ通信が可能なHSPA+方式、DC-HSDPA方式、LTE方式も対応しています。海外でHSPA+、DC-HSDPA、LTEは”4G”と呼ばれているからだと思いますが、従来のWi-Fi+3GモデルはWi-Fi+4Gモデルと呼ばれています。

Apple(日本)の公式サイトによると、日本で発売されるモデルはLTEには非対応となっています(LTE対応モデルは北米で発売されます)。ちなみに、ソフトバンクはHSPA+方式やDC-HSDPA方式のサービスを「ULTRA SPEED」という名前で提供しています(追記:新しいiPadは1.5GHz帯に対応していないので、利用できないはず)。

ラインアップはWi-Fiモデル(16/32/64GB)とWi-Fi+4Gモデル(16/32/64GB)の2種類。カラーはブラックとホワイトの2色。価格は以下の通り。

  • Wi-Fiモデル
    16GB:42,800円
    32GB:50,800円
    64GB:58,800円
  • Wi-Fi+4Gモデル
    16GB:53,800円
  • 32GB:61,800円
  • 64GB:69,800円
新型iPadは、iPad 2より高速で高解像度となっています。画面サイズは9.7インチと従来のiPadと同じですが、解像度が2,048×1,536ピクセル(264 ppi)と大幅に向上。写真や動画がより高精細に表示・再生できるようになります。プロセッサーは新しい「Apple A5X」を搭載。CPUは2コアのままですが、GPUが4コアのものにアップグレードされています。通信方式にHSPA+/DC-HSDPA/LTEをサポートするなど通信機能は強化されています。バックカメラでは1080p@30fpsの動画撮影も可能となっています。

新型iPadのスペック
  • OS:iOS 5.1
  • サイズ:241.2mm×185.7 mm×9.4mm、652g(Wi-Fi)、662g(Wi-Fi+4G)
  • ディスプレイサイズ:9.7インチ、解像度2,048×1,536ピクセル/264 ppi、IPS液晶”Retina”ディスプレイ、1,677万色
  • チップセット:Apple A5X(2コアCPU、4コアGPU)
  • メモリ: -MB RAM、16/32/64GB
  • 外部メモリ:非対応
  • リアカメラ():500万画素裏面照射型CMOS、AF、タップフォーカス、1080p@30fpsビデオ撮影、顔検出、ビデオ時の手ブレ補正
  • フロントカメラ:VGA画質
  • 対応周波数(国内版):GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+/DC-HSDPA(850/900/1,900/2100MHz)
  • ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、30ピンドックコネクタ、マイク、内蔵スピーカー、microSIMスロット(Wi-Fi+4Gモデルのみ)
  • センサー類:ジャイロ、3軸う加速度、ライト、デジタルコンパス、GSP/A-GPS(Wi-Fi+4Gモデルのみ)
  • バッテリー:42.5Whリチャージャブルリチウムポリマー
    Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
    携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
  • カラー:ブラック、ホワイト
Source : AppleEngadget

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5