NVIDIA、Tegra 3のアップグレード版”Tegra 3+”を年内にリリース

投稿日時 4月 21st, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



NVIDIAのゼネラルマネージャーであるMichael Rayfield氏が米国シアトルで今週木曜に開催されたHTCのカンファレンスにおいて同社のモバイル向けSoC「Tegra」のロードマップを紹介、その中で、今年後半にも現行のTegra 3のアップグレード版”Tegra 3+”をリリースする計画を明らかにしたそうです。

”Tegra 3+”は仮の名前で正式には別の名前が付くと述べたそうです。Tegra 3+はスマートフォンやタブレットで使用される製品で、現行のTegra 3よりも性能を高めたところに大きな違いがあるとのこと。

現行のTegra 3はASUSのTF201やTF300T、AcerのA510、HTCのHTC One Xなどで複数のタブレットやスマートフォンで採用されていますが、まだLTEをサポートした製品はありません。このうちHTC One Xについては、LTEモデルは存在するものの、Tegra 3ではなく、QualcommのS4プロセッサーが使用されています。LTE対応モデルでプロセッサーが変更されているところを見ると、Tegra 3はLTEとの相性が悪いのではないかと予想されます。このことについてRayfield氏は、LTE対応の通信モデムで市場の圧倒的なシェアを持つQualcommから十分な支援が受けられなかったことを口にしたそうです(社名はもちろん言わなかったそうですが)。

しかし、Tegra 3+はLTEとの互換性も十分にあるらしく、Rayfiled氏は、今年Q3中にはTegra 3チップを搭載したLTEスマートフォンを目にし始めるようになるだろうと述べたそうです。

ロードマップによると、2013年ごろにはTegra 3+の次の世代の”Wayne”と、ICERAの通信チップを内蔵した”Grey”が登場することになっています。

Rayfieldはまた、モバイルプロセッサーにおけるグラフィックス性能について、スマートフォンの登場以来年々向上してきていることから、今後数年でコンソールゲーム機の水準にまで達するとの見通し示したそうです。



Source : PC MagTechnoBuffalo

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5