ブートローダーのアンロックせずにNexus 7(国内・海外版)をroot化する方法

投稿日時 10月 1st, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Nexus 7のブートローダーをアンロックしなくてもroot化できる方法がXDAで公開されていたので紹介します。

この方法は、こちらのXDAスレッドで公開されているGalaxy Nexusのroot化手順をそのまま利用したものですが、実際に手元の国内版Nexus 7でもroot化できることは確認しています(上図)。紹介する手順はWindows PCにおいて、Nexus 7とUSBデバックで接続可能になっている状態を前提としています。

1. XDAスレッドから、「Root-without-unlock.zip 」をPCにダウンロードして解凍。「Root-without-unlock」というフォルダが作成されます。

2. Nexus 7のUSBデバッグをON(「設定」→「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」)。

3. PCとNexus 7を接続します。

4. コマンドプロンプトを起動して、さきほどのZIPを解凍してできた「Root-without-unlock」」に移動します。

5. 次のコマンドを実行して、suとSuperuser.apkをNexus 7にコピーします。

adb push su /data/local/tmp/su
adb push Superuser.apk /data/local/tmp/Superuser.apk

6. 次のコマンドを実行します。

adb restore fakebackup.ab

Nexus 7上に次の画像のような復元メッセージが表示されます。この画面はとりあえずこのままにして次の「8.」に進みます(ボタンを押したり画面を操作せずに進んでください)。


7. 次のコマンドを実行します。

adb shell “while ! ln -s /data/local.prop /data/data/com.android.settings/a/file99; do :; done”

すると、”link failed No such file or directory”メッセージが繰り返し表示されるので、「6.」で表示されたウィンドウ上の「データを復元する」をタップします。すると繰り返しメッセージが止まります。

8. 次のコマンドを実行して、Nexus 7を再起動します。

adb reboot

9. Nexus 7が起動した後、もう一度再起動します(1回目の再起動後、Nexus 7の動きは重たいのですが、それはroot化プロセスでは正常です。気にせず進みます)。

adb reboot

10. ADBコンソールに入ります。

adb shell

11. /systemをRead/Writeでリマウントします。

mount -o remount,rw -t ext4 /dev/block/mmcblk0p1 /system

12. 「5.」でNexus 7にコピーしたsuとSuperuser.apkを、/system/binにコピーし、パーミッションを変更します。さらに、suのシンボリックリンクを/system/xbinに作成します。

cat /data/local/tmp/su > /system/bin/su
chmod 06755 /system/bin/su
ln -s /system/bin/su /system/xbin/su
cat /data/local/tmp/Superuser.apk > /system/app/Superuser.apk
chmod 0644 /system/app/Superuser.apk

13. 次のコマンドを実行して、/data/local.propを削除します。

rm /data/local.prop

14. ADBコンソールから抜けます。

exit

15. 次のコマンドを実行します。

adb shell “sync; sync; sync;”

16. Nexus 7を再起動します。

adb reboot

Nexus 7が起動するとroot化作業は完了です。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5