Qualcomm、Snapdragon S4にボリュームゾーン市場向けクアッドコアプロセッサ「MSM8226」「MSM8626」を追加

投稿日時 12月 6th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


米Qualcommは12月4日、同社のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon S4」のラインアップに2つの新モデルの追加を発表しました。

今回発表された新モデル「MSM8226」と「MSM8626」は、ボリュームゾーン市場をターゲットとした3Gスマートフォン向け製品で、携帯電話向けのチップセットにクアッドコアCPU(Cortex-A7 1.2GHz)とAdreno 305 GPUを搭載。1080p動画のエンコード/デコード、1,300万画素カメラをサポートします。プロセッサは28nmプロセスで製造され、デュアルSIM・デュアルスタンバイやデュアルSIM・デュアルアクティブを含むマルチSIM構成にも対応しています。

MSM8x26に対応するマルチモード無線トランシーバの新モデル「WTR2605」も発表されました。前世代よりも40%省電力化、60%小型化されたそうです。GPSやGLONASSに加え、中国独自開発の衛星測位システム”北斗”にも対応。さらに、TD-SCDMA、CDMA 1xAdv、HSPA+にも最適化するなど中国市場を狙った製品となっています。

MSM8x26は、2013年Q2に同社の顧客に対してサンプル出荷が行われる予定。

Source : Qualcomm

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found