ロシアのブログでSony Mobile未発表のXperiaスマートフォン「C6603”Yuga”」の紹介記事が公開、端末デザインやソフトウェア・ハードウェア仕様が一部判明

投稿日時 12月 18th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ロシアのモバイル系ブログ Mobile-Reviewにおいて、Sony Mobile未発表のXperiaスマートフォン「C6603”Yuga”」の紹介記事が公開されていました。記事では、C6603の画像とハードウェア・ソフトウェア情報が公開されています。

同ブログによると、C6603はSony Mobileの新なフラッグシップとなる端末で、対応する通信方式や周波数によってモデルが複数存在するとのこと。LTEにも対応しているそうです。発売時期は2013年2月~3月と言われています。昨年のXperia Sのように、1月のCES 2012で発表、2月のMWCあたりに発売という段取りなのかもしれません。

C6603のスペックについて。試作機に搭載されているOSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)、ディスプレイサイズは5インチ1,920×1,080ピクセル。オンスクリーンボタンが採用されており、アプリを利用している最中の解像度は若干下がります。モバイルBRAVIAエンジンはv2.0が搭載されています。

プロセッサはAPQ8064 1.5GHzクアッドコアで、LTE対応のマルチモードモデム「MDM9615」も搭載されています。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は不明。microSDカードスロットもあり、microSDXC(最大128GB)に対応します。USBの接続モードでは、MSC(マスストレージモード)にも対応しています。

リアカメラは1,200万画素の裏面照射型CMOSで、静止画と動画でHDR撮影が可能。カメラアプリでは、エフェクトを適用したり、おまかせプレミアムモードが利用できたり、999枚の連写が可能。Wi-FiはIEEE802.11 a/b/g/n(2.4/5GHz)、Bluetoothはv4.0に対応。

外部IFについて。背面にはカメラとLEDフラッシュ、セカンドマイクが搭載。左側にはmicroHDMI出力端子とmicroUSB端子があり、それぞれプラスチックのカバーで覆われています。また、スタンド用と思われる端子も搭載されています。本体上部には3.5㎜オーディオジャックとmicroSIMスロッがあり、これらもカバーで覆われています。右側面には、カメラシャッター、ボリュームボタン、Powerボタンがあり、Powerボタンは丸型デザインが採用されています。



Source : Mobile Review

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5