AcerとMotorolaのAndroidタブレットは、Gingerbread搭載が濃厚

投稿日時 8月 20th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidタブレット, Androidニュース
コメントは受け付けていません。

昨日、DigiTimesに掲載されていた記事2本を紹介します。いずれもGingerbread搭載Androidに関する興味深い記事です。

一つ目は、AcerのAndroidタブレットの発売はGingerbread待ちのために来年に持ち越されるという情報筋からの話。

これまでの発表ではそのAndroidタブレットを今年中、年内でAndroid2.2(Froyo)搭載して発売するということでしたが、Gingerbreadのリリースが2010年Q4リリースということで2011年Q1ごろに持ち越されるだろうということになっています。その理由は、Gingerbreadではより高解像度なディスプレイをサポートするからと伝えられています。と言うことはAcerのAndriodタブレットはかなり高解像度な端末に?と安易に想像してしまうわけであります。

二本目、GoogleはMotorolaと協力してGingerbread搭載Androidタブレットをリリースするのでは、というDigiTimesアナリストの指摘です。

この話はDigiTimesアナリスト Mingchi Kuo氏が電子機器パーツメーカーからの情報を元に指摘していることらしく、端末はT-Mobile G1と同じようにGoogle、Motorola、通信キャリアが手を組んでリリース発売するようになり、今回のAndroidタブレットの場合はそれが米Verizonであるだろうと予想されています。

そのMotorolaのAndroidタブレットは今のところ「Stingray」と呼ばれていますが、スペックは10.1インチディスプレイ、NVIDIA Tegra2チップが搭載されたものだそうです。ディスプレイはシャープ製で輝度はApple iPadより低いがパネルは薄いとのこと。製造はMotorolaが担当し端末は2010年終わりごろにリリースされると言われています。

流れ的に、Androidタブレットは是非ともGingerbreadで、ということのようです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found