Galaxy SのCPUを1.2GHzまでオーバークロックする手順(カーネル変更)

投稿日時 8月 22nd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Galaxy S
コメントは受け付けていません。

XDA-DevelopersのGalaxy Sのフォーラムに、1.2GHzまでのオーバークロックに対応したカーネルが公開されています。そのカーネルの導入手順とベンチマークスコアを紹介します。

[kernel] 2.6.29 – OC 1.2Ghz (updated 20th Aug)

上記ページには二種類のカーネルが公開されています。どちらもGT-I9000、Android2.1ファーム用です。

  • oc112v1.2:1.12GHzまでオーバークロック可
  • oc120v2.3:1.2GHzまでオーバークロック可
今回は、1.2GHzまでオーバークロック可能なカーネルを使いました。

同じページにI9000XWJM2、JM5の標準カーネルも公開されています。元に戻したい場合はそれを使ってください。

オーバークロックカーネルの書込み手順

カーネルをGalaxy Sに書込むには「Odin3」というツールが必要です。ダウンロードはこちら

1.Odin3にPDAとしてダウンロードしたカーネルを指定する。今回は「oc120v2.3.tar」を使用。PITファイルは不要。

2.Galaxy Sの電源を切り、電池を外し、マイクロSDとSIMカードを外す。そいて電池だけを戻しす。

3.ボリュームダウンボタンとホームボタンを押しながら電源ボタンを押し続けるとダウンロードモードに入ります。

4.Galaxy SをPCに接続し、Odin3上で「Start」をクリック。書込み後端末は自動的にリブートします。

5.Galaxy SにSetCPUなどのアプリを入れてクロックを変更します。



Benchmark

ベンチマークを取得した環境は、I9000XWJM5、プチフリ対策済み(One Click Lagfix apk)、1.2GHzオーバークロックカーネルです。

Quadrantベンチマークのスコア:2503



Linpack:9.83



Linpackの結果から約20%ほどCPUの性能が上がりました。そのおかげでI/O、メモリの性能も若干上がっているようです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5