Samsung、「Galaxy Tab 3」の8インチモデルを発表

投稿日時 6月 3rd, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Samsungは現地時間6月3日、同社のGalaxyタブレットの新シリーズ「Galaxy Tab 3」の追加ラインアップとして、画面サイズ8インチの「Galaxy Tab 3(8.0)」を発表しました。Samsungによると、8インチモデルはグローバル市場で6月初旬に発売されるとのことです。価格は発表されてません。

Galaxy Tab 3の8インチモデルは、8インチ1,280×800ピクセルのTFT液晶と1.5GHz駆動のデュアルコアプロセッサを搭載した比較的小型のAndroidタブレット。Samsung型番は「SM-T31X」が採用されています。発表されたラインアップは、Wi-Fi版(SM-T310)、3G HSPA+版(SM-T311)、さらに、LTE版もあります。

外観は、今年4月末に発表されたGalaxy Tab 3(7.0)に似ており、Galaxyスマートフォンと同じく物理的な操作ボタンを備えています。ディスプレイの両側面ベゼルは薄く作られています。本体サイズは209.8mm×123.8mm×7.4mm、質量はWi-Fi版で314g。8インチサイズのタブレットの中では薄くて軽いですね。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Samsung TouchWizはスマートフォン向けのレイアウトが採用されています。アプリはGoogleアプリのほか、Samsung Apps、Samsung Hub、Samsung Kies/Kies Air、ChatONなどを搭載しています。

RAM容量は1.5GB、内蔵ストレージの容量は16GB/32GB、Micro SDカードスロット(最大64GB)もあります。カメラは背面に500万画素、前面に130万画素を搭載。メインカメラでは最大720p@30fosでの動画撮影が可能です。

ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetoot v4.0、Wi-Fiチャネルボンディング、Wi-Fi Directに対応。3G版はWCDMA/HSPA+ 21Mbps(850/900/1900/2100MHz)に対応し、LTE版はWCDMAに加えて、LTE cat 3 下り最大100mbps/上り最大50Mbps (800/850/900/1800/2100/2600MHz)にも対応しています。

センサー類はWi-Fi版が加速度、コンパス、ライトを搭載、3G版とLTE版が加速度度、コンパス、ライト、近接を搭載しています。どちらもGPS/GLONASSに対応しています。バッテリー容量は4.460mAh。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5