Samsung、LTEにも対応したエントリーモデル「Galaxy Ace 3」を正式発表

投稿日時 6月 10th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。

Samsungは現地時間6月10日、Galaxyスマートフォンの新機種「Galaxy Ace 3」を正式に発表しました。

Galaxy Ace 3は、Samsungのエントリー向け”Galaxy Ace”の3代目となる製品で、前作「Galaxy Ace 2」と比較して、画面サイズは3.8インチ→4インチに拡大し、RAM容量が768MB→1GBに増加するなど、仕様は強化されています。また、Galaxy Aceシリーズでは初となるLTE対応モデルもラインアップされています。3G版とLTE版には内部仕様に少し違いがあります。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Samsung TouchWiz UXはGalaxy S 4と同じバージョンを搭載しています。ソフトウェア・機能面では、Googleアプリを搭載するほか、スマートステイ、S翻訳、Sトラベル(トリップアドバイザーのSamsungバージョン)、Sボイス、イージーモード、Samsung Apps、Samsung Hub(Game)、Samsung ChatONに対応しています。

ディスプレイは4インチ800×480ピクセルのTFT液晶。プロセッサと内蔵ストレージの容量は、3G版が1GHzデュアルコア・4GB、LTE版が1.2GHzデュアルコア・8GB。Micro SDカード(最大64GB)も利用可能です。カメラは背面に500万画素CMOSと前面に30万画素CMOSを搭載。リアカメラの動画記録サイズは最大720@@30fps。また、「Sound & Shot」「 Best Shot」「Best Photo」などの独自機能にも対応しています。

ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、Wi-Fi Directに対応。対応周波数は、3G版がGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)とWCDMA/HSPA 14Mbps/5.7Mbps(900/2100MHz)、LTE版がWCDMA/HSPA+ 42Mbps/5.7Mbps(850/900/2100MHz)とLTE cat 4 150Mbps/50Mbps(800/900/1800/2600MHz)に対応しています。どちらもメインターゲットは欧州市場のようです。3G版にはデュアルSIMモデルもあります。

バッテリー容量は、3G版が1,500mAh、LTE版が1,800mAh。本体サイズは、3G版が121.2mmx62.7mmx9.8mm・115g、LTE版が121.2mm×62.7mm×10mm・119.5g。

Galaxy Ace 3の発売時期と価格は公表されていませんでした。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5