ドコモ、「LYNX SH-10B」の販売を一時中断、ソフトウェアアップデートを9月13日に提供予定

投稿日時 9月 9th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTTドコモは9日、ドコモスマートブック「LYNX SH-10B」の販売を一時中断することを発表しました。それと同時に、既にSH-10Bを利用している方に対して9月13日に問題を修正するソフトウェアアップデートの配信を行うことを発表しました。

今回SH-10Bの販売が一時中断されるのは、KDDIのIS01にも見られた”悪意のあるアプリケーション※がインストールされた場合に、お客様のキーボード操作履歴が第三者により取得される可能性があります。”という事象が明らかとなり、その対策を行うためだそうです。現時点ではまだ上記問題を発生させるアプリケーションは見つかっていないそうなので事前対策と言ったもの。まだそれに関すると思われる問題の報告は挙がっていないという。

SH-10Bの販売再開は9月中旬を予定しているそうです。

既にSH-10Bをお持ちの方に対しては、9月13日(月)に配信予定のソフトウェアアップデートによりこの事象が修正されるとのこと。それまではアプリのダウンロードを控えるようにと案内が出ています。

この不具合の発表と同時に、これまでSH-10Bは類型約7,000台販売されたことも明らかにされています。

「ドコモ スマートフォン LYNX SH-10B」の一時販売停止のお知らせ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5