IFA 2013 : Sony、サイバーショットブランドのスマートフォン向け外付けレンズカメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」を正式に発表、9月下旬より発売

投稿日時 9月 5th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sonyは9月4日、サイバーショットブランドのスマートフォン向け外付けレンズカメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」を正式に発表しました。

2製品とも外見はデジカメのズームレンズのように見えますが、内部にイメージセンサー、画像処理エンジン、Wi-Fi、NFC、バッテリー、Micro SDカードスロット、シャッターボタンなどを備えた立派なデジタルカメラなのです。普通のデジタルカメラと違うのは使用方法で、2製品ともスマートフォンと組み合わせて使用するのが基本となります。

カメラ操作はスマートフォンの画面を利用して行い、スマートフォンにマウントして撮影することはもちろん、レンズカメラを手に持ってレンズを自分に向けて撮影したり、三脚に固定して撮影することもできます。機能面では、撮影シーンの自動選択検出、最大1080p@30p(MP4形式)の動画撮影も可能です。

「DSC-QX10」は、光学10倍ズームのGレンズと1,820万画素のExmor Rイメージセンサーを内蔵したエントリーモデル。「DSC-QX100」は、光学3.6倍ズームのCarl Zeiss Vario-Sonnar Tレンズと1型の2,020万画素Exmor Rイメージセンサー、BIONZ画像処理エンジンを内蔵した「RX100MkII」相当のスペックを誇るプレミアムモデル。2機種ともAndroidとiOSに対応し、それぞれPlayMemories Mobile v3.1以上を搭載することで利用できるようになります。

「DSC-QX10」「DSC-QX100」はどちらも2013年9月下旬より発売され、本日より各地のSonyストアで予約受付が行われています。米国価格は、「DSC-QX10」が$249、「DSC-QX100」が$499です。

Source : Sony Europe

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5