「ドコモメール」はapkファイルの手動インストールで非対応機種でも利用できるみたい(更新2)

投稿日時 10月 26th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事
キーワード:
コメントは受け付けていません。



今週24日に開始されたNTTドコモの新メールサービス「ドコモメール」。そのAndroidアプリの対応機種は現在ごく一部の機種に限られていますが、apkファイルを手動でインストールすれば対応機種以外でも利用することは可能のようです。

実際に現在は非対応機種の「Optimus G Pro L-04E」と「Xperia Z SO-02E」にapkファイルをインストールしてみたところ、どちらの機種でもドコモメールの閲覧や送受信、センター問合せなどの操作を実行することができました。おそらくこの2機種以外の非対応機種(Android 4.0以上の端末)でも利用できると思います(試す場合は、事前にspモードメールアプリでデータのバックアップを実行しておくことをお勧めします)。

ダウンロードはこちらから。

更新1:Galaxy Nexus SC-04Dでは、Wi-Fi経由の送受信ができず、spモードに戻したところメッセージRが戻らずに消えてしまったという報告をいただきました。機種によっては完全に動作しない模様です。試す場合はこのリスクを承知の上で行うようにしてください。バックアップは必須みたいですね。

更新②:「更新1」の事象に関する追加情報です。

AOSPベースのROMの場合、/system/lib/libdaaCrypto.soを移植して、ドコモメールのapkファイルをシステムアプリ化(/system/appにコピー)にすることで、Wi-Fi環境下でも受信できるようになったという報告をいただきました。その場合、docomoAccountAuthenticator.apkやdocomoset.apkの移植は不要とのことです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5