「J:COM」が11月よりスマートフォンやタブレットと連携したスマートTVサービスを開始

投稿日時 10月 28th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ケーブルテレビ「J:COM」のジュピターテレコムが11月よりスマートフォンやタブレットと連携したスマートTVサービスを開始すると発表しました。まずは、11月より第1弾サービスが関西、九州、山口エリアで開始され、その後、全国展開される予定です。

J:COMのスマートTVサービス第1弾は、KDDIが開発した「Smrat TV Box」を利用して提供されます。Smart TV BOXは、Android 4.0(ICS)を搭載したケーブルテレビ向けのセットトップボックスで、地デジやBS、ケーブルテレビの番組を視聴することのほかに、テレビ画面でAndroidアプリを利用してWEBサイトを閲覧したり、YouTube動画の視聴したり、KDDI独自のSmart TV BOX向けサービスを利用することができます。

また、Smart TV BOXを自宅LANに接続することで、スマートフォンやタブレットはWi-Fi経由でテレビと連携するようになります。連携機能としては、リモート操作を行うことのほか、外付けHDDに保存した録画番組を持ち出して、外出先で視聴することができます。

Smart TV BoxはGoogle Playストアに対応しており、Google PlayストアからAndroidアプリがダウンロードできるほか、Smart TV BOX向けアプリマーケット「ケーブルマーケット」からもアプリが入手できます。また、「auスマートパス」、「ビデオパス」、「うたパス」、「LISMO WAVE」といったau利用者向けのサービスも利用できます。

11月より始まる第1弾サービスの提供プランは、「スマートお得プランEX」(月額9,975円)とタブレット端末がレンタル提供される「スマートお得プランEX with タブレット」(月額11,550円)の2種類。



Source : ジュピターテレコム

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5