Google翻訳アプリのカメラモードがGoogleレンズに置き換わる

投稿日時 12月 6th, 2022 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



外国語を翻訳する時にとても便利な Google 翻訳の Android アプリでカメラ翻訳の機能を Google レンズに置き換える大規模なアップデートが行われました。

Google 翻訳画面上の右下に存在するカメラアイコンをタップするとカメラ翻訳モードが起動し、カメラに写した文字を翻訳できます。外国語の文書やポスター、看板などの掲示物を翻訳する時にとても便利です。以前は Google 翻訳に内蔵されているカメラ機能が翻訳に使用されていましたが、それが Google レンズに置き換わったということです。

Google レンズに置き換わっても、リアルタイム翻訳、スキャンしての翻訳、画像を読み込んで翻訳といった基本的な機能はそのまま使用できます。以前と比べて UI は大きく変わりましたが、Google レンズを使い慣れている方は多いと思いますのでスムーズに移行できると思います。

従来の内蔵カメラよりも、AI の発展で日々進化している Google レンズの方が機能面でも将来性においても優れているので、今回のアップデートは喜ばしいものだと言えます。今後の積極的な機能強化にも期待できます。

Google 翻訳」(Google Play)


関連記事

週間ランキング