「ターナップ文字入力」、有料アプリだけど試してみる価値はある(更新)

投稿日時 9月 1st, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
コメントは受け付けていません。

最近のスマートフォンでは、ガラケーで主流だった文字を何度も打って入力するマルチタップ入力、iPhoneではおなじみのフリック入力、QWERTキーでのローマ字入力のいずれかを利用されている方がほとんどだと思います。もう文字入力には困ってない、という方もたくさんいると思います。が、Androidマーケットには『ターナップ文字入力』というアプリが公開されていて、有料アプリ(200円)なのですが実は、高速文字入力への可能性を秘めた文字入力アプリだったんです。

そのターナップ文字入力というのが次の図のようなものです。フリック入力できそうな文字盤の表示ですよね。



ターナップ文字入力でも一応文字上をフリックします。しかし、フリック入力とは異なり、フリックした方向にはそれぞれ決まった種類の文字が割り当てられており、例えば、「た」を下にフリックすると、た行の濁音つきの文字まですべて表示されます。



次に、「た」を左にフリックしてみましょう。すると、ご覧のとおり「ち」と「ゃ」、「ゅ」、「ょ」の組み合わせの中で頻繁に使われる文字の組合せが表示されます。ここでは「た」を右側にフリックしても同じ文字の組合せが表示されます。



「た」を上方向にフリックすると「っ」が入力されます。

このように、ターナップ文字入力を使うことで、大体どんな文章でも「フリック」+「タップ」といった感じでテンポよく文字を入力することができます。このテンポの良さが、ターナップ文字入力とその他(マルチタップ、フリック、ローマ字)の違い。使い始めは、フリック入力に慣れていたせいかかなり使いづらく、わけがわかりませんでしたが、上下左右どの方向にフリックすればどの種の文字が表示されるのかを体で覚えてしまうと、長文でもテンポ良く文字を入力できると思います。

ターナップ文字入力の基本は、「フリックしてタップ」の繰り返しです。どの方向にフリックすればどの文字が表示されるのかは、「ターナップ日本語入力マニュアル」を見れば覚えられます。

ターナップ文字入力のすごさは実際に使って見ないとわかりませんので、有料アプリですが24時間以内のお試し期間を利用して試して見てはいかがでしょうか。24時間のお試し期間でターナップ文字入力の魅力がわかると思いますよ。

とリあえず、私はこのアプリをそのままお買い上げしました。だって文字打ちやすいんですもん。

ウィズウイン株式会社

更新1:ターナップの無料トライアル版が公開されています。