京セラがNTTドコモにタフネス仕様のスマートフォンを投入するという噂

投稿日時 11月 21st, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


京セラがNTTドコモに同社のスマートフォンを投入すると朝日新聞デジタルが報じています。遂にNTTドコモから京セラスマートフォンが発売されるようですね。

NTTドコモから京セラスマートフォンが発売されるといっても、一般商品者向けではなく法人向けに販売されるそうです。投入モデルについては、米Sprintで発売された「Kyocera Torque(トルク)」をベースにしたタフネス仕様の機種とされています。

Kyocera TorqueはG’zOneのような頑丈設計の筐体に、4インチWVGA解像度のIPS液晶とSanpdragon S4 MSM8960 1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載したLTE対応のAndroidスマートフォンです。CEATEC Japan 2013において「米国メディアパネル・イノベーションアワードMobile Technology部門賞」を受賞した注目の1台。

耐久性はMIL-STD-810G準拠の耐衝撃、耐振、耐塵、耐湿、耐圧のほか、IPX5/X7の防水、IP6Xレベルの防塵にも対応。米国版はSprintのCDMA2000ネットワークの中でグループ通話が可能なPush-to-Talkサービスにも対応しており、建設業などの屋外作業に従事される方を中心に人気を得ています。

Source : 朝日新聞デジタル

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5