2013年10月にGoogle Playストアの売上高がApp Storeに並ぶ、合算した売上高では日本が米国を抜き世界トップに

投稿日時 12月 11th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



世界のモバイルアプリマーケットに関する調査を行うApp Annieが公開した、日本対海外のアプリマーケットの比較調査によると、Google PlayストアとApp Storeを合わせたアプリ売上高で、2013年10月に日本が米国を抜き、国別で世界トップに立ちました。また、同月にはGoogle Playストアの売上高がApple Storeに追いつきもしました。、



スマートフォン人口は米国の方が圧倒的に多い(2013年10月末で1億4920万人:ComScore調べ)のですが、米国を抜いたことやグラフの推移を見ると、日本は米国と比較して有料コンテンツの購入者数が多いことや、一人当たりの購入金額が多いと言えます。

日本におけるスマートフォンコンテンツ市場規模は、2011年数十億円規模だったのが、2012年には3,000億円を上回るなど急速に拡大しています。



日本では、非ゲームアプリ対ゲームの売上だけで海外とは異なり、ゲームが圧倒的に多いことがわかります。ゲームアプリの売上に絞った場合、ガンホーオンライン、コロプラ、LINE、セガ、バンダイナムコの5社の合計売上高が他の全てのゲームパブリッシャーの合計を上回っていたそうです。



Source : App Annie

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5