ドコモスマートフォンGALAXY S SC-02Bのroot化手順、プチフリ対策手順(プチフリ対策後のベンチマークスコア追加)

投稿日時 10月 28th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Galaxy S
キーワード:
コメントは受け付けていません。

GALAXY S SC-02Bのroot化、プチフリ(Lagfix)対策手順を簡単にご紹介します。こちらは実機で試された手順ですが、root化、プチフリ対策など一切の行為はすべて自己責任で行ってください。

root化

1.Samsung Kiesをインストールし、USBドライバをPCに導入。ダウンロードはこちら

2.SC-02BをUSBデバッグモードに変更。「設定」→「アプリケーション」→「開発」→「USBデバッグ」ON

3.SuperOneClick(root化ツール)をダウンロード。ダウンロードはこちら。※バージョンはv.1.5.1

4.SC-02BとPCをUSBケーブルで接続

5.ダウンロードしたroot化ツールを解凍して中の「SuperOneClick.exe」を実行

6.「Universal」タブの「Root」をクリックして完了

プチフリ対策

Androidマーケットから「RyanZA’s OCLF v.2.2.4」をダウンロード。

OCLFの使い方は、こちらの記事の「プチフリ対策(ラグフィックス)の実施」のところで紹介しています。※バージョンが少し古いですが・・・

上図を見るとroot化されていることがわかります。

GALAXY S SC-02Bでのスクリーンショットの撮影手順、ADB/USBドライバ等

プチフリ対策後のSC-02BのQuadrantスコアは1940とプチフリ対策前の倍のスコアですね。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5