Nexusデバイスをファクトリーイメージを利用してAndroid 5.0(Lollipop)に手動アップデートする方法

投稿日時 11月 13th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加



本日、Android 5.0 (Lolipop)の OTA アップデート開始と共に、各機種用のファクトリーイメージも公開されました。アップデートは“今後数週間以内”に展開されることになっていますが、待ちきれない方も多いはず。この記事ではファクトリーイメージを用いて既存の環境を壊すことなく Android 5.0 にアップデートする方法を紹介します。


前提条件としては、Nexus デバイスのブートローダーがアンロックされていること、PC 上で Fastboot コマンドが正常に機能することです。また、この記事で紹介した手順は Nexus 5 で実行した結果を基にしていますが、他の機種でもファイル名を変更すれば適用できます。


STEP1:ファクトリーイメージを Google の公式サイトからダウンロードします。


STEP2:ファクトリーイメージ(tgz ファイル)を展開して、インストール用バッチ / スクリプトをテキストエディタで開きます。


STEP3:テキストエディタでファイル中の次のコマンドから「-w」オプションを削除します。「-w」はデータをワイプするオプションなので、それを削除してデータが保持されるようにします。次は Nexus 5 の場合です。

(修正前)
fastboot -w update image-hammerhead-lrx21o.zip
(修正後)
fastboot update image-hammerhead-lrx21o.zip


修正後はファイルを上書き保存します。


STEP4:Nexus デバイスのブートローダーを起動し、PC と USB ケーブルで接続します。そして、Windows の場合は「flash-all.bat」をダブルクリック、Linux / Mac の場合は「flash-all.sh」を実行します。

(Linux / Mac の場合)
./flash-all.sh


この操作を行うとインストールスクリプトが自動的にファクトリーイメージを書き込みを開始します。完了すると端末が自動的に再起動します。初回起動時はブート画面でけっこう待ちます。

Nexus 5 と Nexus 7 のインストールバッチ / スクリプトはエラーが発生することがあります。その場合は、フォルダ内の「image-hammerhead-lrx21o.zip」(Nexus 5 の場合)を解凍し、次のコマンドをブートローダーから手動で実行していきます。

fastboot flash system system.img
fastboot flash recovery recovery.img
fastboot flash cache cache.img
fastboot flash boot boot.img
fastboot reboot

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5