GALAXY Tab SC-01Cでは便利、自動回転のON/OFFを検索ボタン長押しで切替える方法

投稿日時 12月 2nd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » GALAXY Tab SC-01C
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

私は基本的にGALAXY Tab SC-01Cを縦表示(Portraitモード)でしかも自動回転をロックして縦横コロコロ切替わらないようにして使っているのですが、以前紹介した感想でも触れましたが、自動回転をOFFにしておくとYouTubeアプリにおいて、動画が自動的に回転して横表示になりません(Galaxy Sだと自動回転をOFFにしても横表示になる)。これに対する対応策を考えていたところ、複数のアプリを使って検索ボタンを長押しすることで自動回転のON/OFFを切替えることができました。

自動回転のON/OFFはGalaxy Sと同様にSC-01Cの通知バーから簡単に変更できるようになっていますが、いちいちそれを引っ張りだすのも面倒。まして、フルスクリーンモードではアプリを停止させなければならないので個人的には実用性があまり無いと思っています。

今回紹介する方法を使うと、システムとしての自動回転設定はONの状態になっていますが、これから紹介するアプリ側で自動回転をOFFにしてくれるので、実は自動回転をOFFにした状態でもYouTube動画を閲覧中でもちゃんと画面が回転してくれるんです。しかも自動回転ON/OFFは検索ボタンの長押しだけですからフルスクリーンモードでも変更可能。その代わり、検索ボタン長タップによる音声検索は利用できなくなります。

前置きが長くなりましたが、その方法を紹介します。

1.まず、Androidマーケットから「Button Shortcut」と「Rotaroid」をインストールします。

  • Button Shortcut:検索ボタンやカメラキーを長押しした時に指定したアプリを起動するアプリ。
  • Rotaroid:自動回転のON/OFFをタップ一発で行うアプリ。
2.SC-01Cの通知バーを引っ張り出し、自動回転をONにしておきます。※自動回転をOFFにした場合、今回紹介する方法は使えなくなります。


3.次に検索ボタンを長押しします。すると、その場合に起動するアプリを選択できるようになります。まず「常にこの操作で利用」にチェックを入れ、その後「Button Shortcut」をタップします。


4.Button Shortcutが起動します。”Search Button Long Press”欄の「Select an application」をタップ。そして、「Rotaroid」を選択し、戻るボタンを押します。


設定手順は以上です。検索ボタンを長押するとホーム画面下に”auto Rotate is now ONまたはOFF”と表示されます。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5