「LYNX 3D SH-03C」開封の儀

投稿日時 12月 3rd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » LYNX 3D SH-03C
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。

本日NTTドコモより発売された「LYNX 3D SH-03C」の開封の儀を執り行いたいと思います。

まずはいつもの箱から。箱はドコモの箱ですね。HT-03Aのときと変わりません。


同梱品を全て並べてみました。同梱品はSH-03C本体、バッテリーカバー、バッテリー(1,400mAh)、ケータイ充電器⇔マイクロUSB変換アダプタ、USBケーブル、保証書、取扱い説明書、その他紙類。


バッテリーを外した後ろ姿。SIMカードスロットの上に2GBのマイクロSDカード(試供品)が搭載されていました。

バッテリーカバーを付けた状態。


9.6MP CCDカメラ部分をアップで。


SH-03Cはワンセグ対応なのでこのようにアンテナが搭載されています。


とりあえず電源をON。ロック画面が表示されるまで1分程度かかった気がします。ちょっと画像が暗めです。


SH-03Cの側面を見てみましょう。まずは下面からですが何もありません。あるのはバッテリーカバーを外すための穴ですね。


次に端末左側面。こちらにはストラップホールとマイクロUSB端子(カバー付)が搭載されています。


端末右側面です。上からボリュームボタン、検索ボタン、カメラシャッターボタンが搭載されています。


端末上面には3.5mmオーディオジャックが搭載されています。


参考までに手持ちのスマートフォンの一部と並べてサイズを比較してみました。右からGalaxy S、SH-03C、iPhone 4、Nexus One、Desire HD 001HTですが、SH-03Cはその中でも大きめな感じですね。


厚さを比較してみました。SH-03Cの厚さは13.5mmと並べてものの中では一番厚いようでした。しかし、背面から側面にかけてカーブしたフォルムとなっているのでそんなに厚さは感じません。


とりあえず、こんなもんです。詳細は後日。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5