CES 2011:米Verizon、LTE対応「HTC ThunderBolt」を発表、Skypeによるビデオチャットに対応(更新)

投稿日時 1月 7th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , , , , , ,
コメントは受け付けていません。



1月6日、米Verizon Wirelessは現在米国ラスベガスで開催中のCES 2011にて、4G LTEに対応したAndroidスマートフォン「HTC ThunderBolt」を発表しました。以前はコードネーム:MechaやDroid Incredible HDなどと呼ばれていた端末です。

ThunderBolt は4.3インチディスプレイ(WVGA)、1GHz Snapdragon CPU、Android 2.2(Froyo)、HTC Sense 2.0を搭載する端末。フロント1.3MPカメラ/リア8MPカメラ(デュアルLED)などを搭載し、Dolbyサラウンドサウンド、DLNAなどに対応します。背面にはキックスタンドが搭載されており、フォトスタンドのようにデスク上に置いて操作できます。便利ですね。

特徴はVerizonが昨年12月に米国国内でサービスを開始したLTEに対応しているところで、LTEエリア内では下り5Mbps~12Mbps、上り2Mbps~5Mbpsという速度での通信が実効値として期待されています。また、LTEエリ内でもWi-Fiホットスポット機能を利用できます。

さらに、ThunderBoltに搭載されているHTC SenseにSkype Mobile(ビデオチャット付き)が統合されており、別途アプリをインストールする必要なく相手とのスカイプチャット・ビデオチャットが楽しめます。また、コンタクト情報が端末の電話帳に統合されるためユーザのステータスを電話帳から確認することもできるという。この機能はThunderboltのHTC Senseだけに搭載されている機能で、今後他のHTC製端末にも提供されるかどうかは不明とのこと。

発売時期は”Very Sonn”となっており2011年Q1中の発売が予想できます。

  • OS:Android 2.2(Froyo)、HTC Sense 2.0
  • サイズ:123 (H)x 68(W) x 12(D) mm
  • 重さ:約164g
  • ディスプレイサイズ:4.3インチ、解像度800×480
  • ディスプレイ:Super TFT LCD、静電容量式マルチタッチスクリーン
  • チップセット:Qualcomm MSM8655 1GHz、MDM9600
  • メモリ:768MB
  • ストレージ:8GB
  • マイクロSD:32GBまで対応
  • リアカメラ:8MP、デュアルLEDフラッシュ、720p HD
  • フロントカメラ:1.3MP
  • 対応周波数:CDMA2000(800/1900) 、EvDO revA、LTE 700
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:マイクロUSB、3.5mmオーディオジャック
  • センサー類:Gセンサー、デジタルコンパス、ライトセンサー、近接センサー、A-GPS
  • バッテリー:1,400mAh
  • 機能など:キックスタンド搭載、DLNA、Dolbyサラウンド、SRSサラウンド、Wi-Fiホットスポット機能(LTE対応)
  • ソフトウェア:Flash Player 10.1、ビデオチャット対応SkypeがHTC Senseにビルトイン
  • カラー:
Source : VerizonHTC

更新1:仕様を追加

更新1:VerizonとSkypeは、Verizonの4G LTEネットワークの中で利用できるビデオチャット機能搭載SkypeアプリをVerizonが投入するLTE対応Androidスマートフォンに2011年半ばまでに組み込まれることを発表しており、既に発表済みのMotorola Droid Bionic、HTC Thunderbolt、Samsung SCH-I520、LG Revolution、Galaxy Tab(Verizon版)等で利用できるようになります。

更新2:Skypeのところを修正しました。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5