スマートフォンやタブレットの画面の皮脂汚れを一時的に抑制する簡単なメンテナンス方法

投稿日時 1月 24th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。



スマートフォンやタブレットを日常的にタッチ・スワイプ・フリック操作していると、しだいに指先や手の平の皮脂により画面が汚れてしまい、触り心地が悪くなっていきます。その画面の皮脂汚れを一時的に抑制するメンテナンス法を紹介します。

その方法は画面に少量のシャンプーを塗布することです。これは読者さんから教えてもらいました。シャンプーに配合されている界面活性剤か何かの撥油効果を応用して、画面に一時的な撥油コーティングを施そうということだと思います。実際に試してみましたが、塗布するのとしないのとでは、皮脂の付着具合が違ったので、多少効果ありと見てシェアします。

用意するものは、シャンプー剤とティッシュです。まず、スマートフォンの画面をざっと綺麗にしてからティッシュに少量(数滴)を垂らし、そのままスマートフォンの画面を撫でるように優しく塗布していきます。



基本的にはこの作業だけです。もし画面にシャンプーのヌルヌル感が残った場合には画面に息をハーっとふきかけて曇らし、新しいティッシュで拭き取ります。




今回のメンテ法は、あくまでも生活の知恵みたいなものなので推奨はしません。実行する場合は自己責任の下で行うようにしてください。

また、効果は一時的で端末の使用頻度や手の状態によっても変わってきます。気休め程度のメンテ法と認識しておくと良いでしょう。

なお、シャンプー剤をスピーカーなどの画面以外の部分に染み込ますと、故障の原因にもなるので、塗布する範囲や塗りすぎには十分ご注意ください。

BM さん、情報提供ありがとうございました!

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5