AndroidとDebianを一体化したカスタムROM「Maru OS」が登場、スマートフォンをモニタに接続するLinuxデスクトップに切り替わる

投稿日時 2月 6th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Windows 10 Mobile の Continuum 機能をヒントに、Android スマートフォンを外部モニタに接続すると、デスクトップ向けの Linux を利用できると謳うカスタム ROM「MaruOS」が登場しました。

MaruOS は、Linux ディストリ Debian Linux と Android を一体化したもので、スマートフォンとモニタを HDMI ケーブルで接続すると、自動的に Debian に切り替わる仕組みです。

Debian は古くから存在する有名な Linux ディストリなので利用者も多いことでしょう。Debian は当然のことながら X Window をサポートしているので、十分にデスクトップ PC としても使えます。

Maru OS の公式サイトに機能の詳細は公開されておらず、ROM やインストール方法なども掲載されていません。今後リリースされる予定なのでしょう。

最近では、Remix OS や Phoenix OS、Ubuntu タブレットが登場するなど、Linux 系の端末でも一台で 2 通りの使い方ができる製品が増えてきましたね。

Source : Maru OS

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5