使わなくなったAndroidスマートフォンで古いスピーカーをワイヤレス化する方法

投稿日時 2月 14th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




使わなくなった Android スマートフォンの活用例として、Bluetooth や Wi-Fi に対応しない従来型のスピーカーをワイヤレススピーカー化する Tips を紹介します。

準備するものは、使わなくなった Android スマートフォン(Xperia Z3+ を使いました)、3.5mm のオーディオケーブル、スピーカー(Sony SRS-X3)、Wi-Fi 環境の 4 点です。また、スマートフォン側には「Bubble UPnP」というこの Tips で重要なアプリをインストールしておきます。

この記事で構築した環境では、手元の Android スマートフォンを操作することで、使わなくなった Android を介して音楽をスピーカーで再生することができます。

1. Xperia Z3+ に「Bubble UPnP」をインストールして起動。

2. Xperia Z3+ をスピーカーに接続。必要であれば、スピーカーのライン入力モードを有効にします。

3. 手元の Android スマートフォンにも Bubble UPnP をインストールし、「Local Render」から「Bubble UPnP(E6553)」を選択します。



4. 音楽を再生する。

Bubble UPnP は内蔵ストレージの音楽だけではなく、Google Play ミュージックや Amazon Cloud Drive など、様々なクラウドサービスの音楽も再生できます。これらの音楽を「Local Render」で指定した Xperia Z3+ に転送することで、Xperia Z3+ に接続したスピーカーから音が出力されます。

この Tips では Bubble UPnP が必要になるので、いつも利用している音楽アプリは使えなくなってしまいますが、ワイヤレス転送はかなり安定しているので、アプリの操作に慣れれば重要な音楽を聴くことには満足できると思います。

更新:AirBubble アプリもおすすめです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5