JDI、4辺狭額縁なFull Activeディスプレイ技術を開発

投稿日時 8月 15th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




ジャパンディスプレイは 8 月 9 日、ディスプレイの 4 辺をスリム化したスマートフォン向けの新型液晶モジュール「Full Active」ディスプレイ技術を開発したと発表しました。

一般的なディスプレイモジュールは狭ベゼルであってもタッチコントローラーなどの制御ユニットの収納スペースが必要で、大抵は下部のベゼルを太くせざるを得ませんでしたが、Full Active ディスプレイ技術では配線の高密度化によって他の 3 辺と同等の幅に抑えています。

これにより、ディスプレイユニットとほぼ同等サイズのスマートフォンの設計が容易になり、4 辺がほぼ “ベゼルレス” なスマートフォンの登場にも期待できます。

JDI は Full Active ディスプレイを 5.5 インチモジュールで作成しており、まずはこのサイズのユニットが出荷されると見られます。

Source : JDI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found