「Moto Z」ではMicro SDカードの本体メモリ化が可能

投稿日時 10月 9th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Motorola の 2016 年フラッグシップ「Moto Z」が Micro SD カードの本体メモリ化に対応していることを実機で確認しました。

内蔵ストレージの本体メモリ化は Android 6.0 Marshmallow で導入された標準機能で、接続した Micro SD カードと内臓ストレージの領域を仮想的に統合します。

これにより、アプリや画像・動画が優先的に Micro SD カードへと保存されるようになり、内蔵ストレージの消費を抑制できます。



本体メモリ化機能は、多くの端末では最初から無効化されている中、Moto Z ではそのまま生きていたということです。

Moto Z で Micro SD カードを本体メモリ化するには、メモリカードのフォーマットメニューで「内蔵ストレージとして使用を選択してフォーマットを実行します。

(参考)Moto Z 開封の儀

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5