Google、Google Castをサポートした機器のブランドを「Chromecast built-in」に変更へ

投稿日時 11月 24th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Google は、テレビやスピーカー製品の中でもワイヤレスストリーミング機能「Google Cast」のレシーバー機能をサポートしたものには、これまでの「Google Cast built-in」ではなく、「Chromecast built-in」と表記するようメーカー側に求めるよう変更したと伝えられています。

Google Cast は 2014 年の Chromecast に導入された技術だったので、当初は製品名のまま Chromecast と呼ばれていましたが、その後、Google Cast が正式版としてリリースされるタイミングで「Google Cast」ブランドがメインになりました。アプリも Chromecast から Google Cast に変わったかと思います。

しかし、2017 年からは Google Cast をサポートした場合、「Chromecast built-in」と表記するようメーカー側に求める方針に変わったそうです。

つまり、Google Cast のブランドが Chromecast に戻ることになります。

先日、Google Cast アプリが「Google Home」に再度改名されたため、もはや Google Cast である必要性が無くなり、より馴染みのある Chromecast に切り替えたものと推測されます。

Source : Variety

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5