NTTドコモ新商品発表会のまとめ

投稿日時 2月 25th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

昨日2月24日に開催されたNTTドコモ春モデル新商品発表会ではAndroid搭載スマーtフォン2機種、タブレット1機種、spモードの機能拡張などが発表されました。その点を纏めておきます。

MEDIAS N-04C

一発目に登場したのは(おそらく2月の隠し玉と呼ばれていた)NECカシオの「MEDIAS N-04C」。

  • Android 2.2(Froyo)、夏にAndroid 2.3(Gingerbread)にバージョンアップ予定
  • 127mm×62mm×7.7mm(最厚部約8.7)
  • 105g
  • 4インチFWVGA(800×480)TFT液晶ディスプレイ
  • Qualcomm MSM7230 800MHz
  • 512MB RAM、1GB ROM
  • 5.1MPリアカメラ
  • おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信対応
  • カラーはMEDIAS BlackとMEDIASK Whiteの2色
  • 3月4日(金)予約受付開始、3月15日(火)発売予定
Xperia arc SO-01C

次に登場したのが昨年から長いこと噂されていたSony Ericssonの「Xperia arc SO-01C」。

  • Android 2.3(Gingerbread)
  • 125mm×63mm×10.9mm(最薄部8.7mm)
  • 118g
  • 4.2インチFWVGA(800×480)TFT液晶ディスプレイ
  • Qualcomm MSM8255 1GHz
  • 512MB RAM、1GB ROM
  • 8.1MPリアカメラ
  • おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信 非対応
  • 今年6月頃より開始されるFOMAハイスピード下り最大14.4Mbpsに対応(ソフトウェアアップデートで端末側が対応すると聞いています)
  • カラーはMidnight Blue、Misty Silver、Sakura Pink
  • 3月4日(金)予約受付開始、3月24日(火)発売予定
Optimus Pad L-06C

最後に登場したのがAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載したLGの「Optimus Pad L-06C


  • Android 3.0(Honeycomb)
  • 243mm(H)×150mm(W)×12.8mm(D)
  • 620g
  • 8.9インチWXGA(1,280×800)TFT液晶ディスプレイ(IPS方式)
  • NVIDIA Tegra 2 T250 1GHzデュアルコア
  • 1GB RAM、32GB ROM
  • 5MPリアカメラ×2、2MPフロントカメラ
  • おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信 非対応
  • カラーはMat Black
  • 3月15日(火)予約受付開始、3月下旬発売予定(3月31日予定だと聞いています)
spモードの機能拡張

3月中旬以降spモードにいくつか機能追加が行われます。
  • Androidマーケットのキャリア課金:3月下旬、spモード対応機種・spモード契約必要
  • 電話帳バックアップ:3月中旬、まずN-04C/SO-01C/L-04Cが対応(今後拡大)、spモード契約必要
  • 基地局を利用した位置情報の提供:3月下旬、spモード対応全Android、spモード契約必要
  • spモードへの定額データプラン対応:3月下旬、BlackBerryを除く全Android
「BeeTV」のスマートフォン対応、「eトリセツ」のプリイン

iモード向端末向けに提供されている動画配信サービス「BeeTV」がドコモスマートフォンにも対応。月額315円でiモード端末と同等の動画コンテンツを視聴できるようになります。

N-04C、SO-01C、L-06Cには「eトリセツ」と呼ばれる電子書籍形式の取扱説明書がプリインストールされます。今後多くの新機種(スマートフォン)にプリインストールされる予定です。

月々サポートは3月15日申込受付開始

新パケット定額プラン、新定額・従量データプラン向けに提供される、機種ごとに設定さされた一定額を毎月の利用料金から割り引くサービス「月々サポート」は3月15日より申込可能となります。プレスリリースでは月々サポート対応機種も明記されています。

その他

発表会中、以下のようなことが発表ではないもののコメントされていました。後日、発表会の模様がオンデマンド配信される予定なので、その動画で確認できると思います。
  • NECカシオから防水対応機種、Sony Ericssonの国内機能搭載機種の投入を予定している。
  • 2011年4月以降に発売する新機種には原則としてSIMロックを解除できるソフトウェアを組込んで販売する。
  • 実際に解除するにはドコモショップなどに持ち込み、SIMロックを解除に伴う制約に関して説明を行い、同意を得た後解除を行う。
  • 手数料は未定。
  • 購入したその日に解除することも可能。
発表会ではシャープのフル3Dスマートフォン「SH-12C」やGalaxy Sの後継「Galaxy S II SC-02C」などは未発表でした。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found