Sony、2016年度第3四半期のスマートフォン販売数は510万台に回復、しかし通期の予測を1,500万台に下方修正

投稿日時 2月 3rd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




Sony は 2 月 2 日、2016 年度第 3 四半期(10 ~ 12 月)のグループ決算を発表し、Sony Mobile のスマートフォン販売台数が 510 万台だったことを明らかにしました。


Sony は 2015 年期から台数規模を追わない方針にシフトしており、ラインアップも高価格帯の機種を中心に絞っています。

そのため、販売台数は前の四半期(7 ~ 9 月)に 320 万台にまで落ち込みましたが、今四半期は 510 万台と回復しています。Xperia XZ / X Compact が好調だったのでしょうか。それでも、同じ戦略をとった前年同期の 760 万台からは 250 万台も減少しています。

また、同四半期の販売台数減少のためか、通期での予測販売台数も昨年 11 月時点の 1,700 万台から 1,500 万台に下方修正しました。

同四半期のモバイルコミュニケーション分野の売上高は 2,486 億円に大幅減。しかし、営業利益は 212 億円の黒字を維持していますが、為替の好影響による部分が大きく Sony が試算した為替の影響分を除けば営業利益は 91 億円と大幅に減少します。

Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5