2016年の国内タブレット出荷台数は773万台、Huaweiのシェアが大幅に拡大(IDC調査)

投稿日時 3月 8th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



IDC Japan は 3 月 8 日、2016 年の国内タブレット出荷台数に関する調査結果を公開しました。

同社によると、2016 年のタブレット総出荷台数は 773 万台で、2015 年からは 6.9% 減少しました。

全体的には減っていますが、家庭向けは 595 万台と前年比 0.7% 増加しています。一方、企業向けは 178 万台と 25.5% も減少しました。

メーカー別に見ていくと(括弧内は 2015 年)、トップは Apple 40.9%(40.9%)、2 位は Huawei 21.6%(9.2%)、3 位は Lenovo / NEC 連合 8.5%(6.6%)、4 位は 富士通 6.0%(6.1%)、5 位は ASUS 5.6%(7.1%)でした。

Huawei のシェアは 2015 年から大幅に拡大しましたが、Apple のシェアには影響していません。影響が出たのた ASUS や Ohters に含まれるメーカーです。また、ASUS の 2015 年シェアは 3 位でしたが、2016 年は 5 位に転落しています。

Source : IDC

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5