Sony、腕時計が電子マネー対応のスマートウォッチになる「wena wrist leather」を発表

投稿日時 7月 24th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Sony は、普通の腕時計をスマートウォッチ化する IoT デバイス「wena wrist」の電子マネーに対応したレザーバンドモデル「wena wrist leather」を発表し(発売は 12 月下旬)、ステンレスバンドの単品販売を 7 月 11 日に開始しました。

wena wrist はスマートフォンと Bluetooth で通信する様々なスマート機能を備えた腕時計用リストバンドで、今回の「leather」モデルには FeliCa 用モジュールが内蔵されており、スマートフォンから設定すると「おサイフケータイ」対応スマートフォンのように電子マネーサービスを利用することができます。対応しているのは楽天 Edy のみ。

「leather」モデルは時計の交換バンドとして使用し、ラグ幅 18 / 20 / 22mm 用がそれぞれ発売されます。カラバリはブラック、タウニーブラウン、ワインレッド、ホワイトの 4 色で、価格は 8,380 円 + 税です。




7 月 11 日に発売された「ステンレスバンド」モデルはステンレス素材のメタルバンドに FeliCa モジュールだけではなく、活動ログの記録やスマートフォン通知を可能にする追加モジュールを内蔵した製品です。こちらも交換用バンドとして使用しますが、「leather」モデルよりも高機能です。

また、通常はラグ幅 22mm にしか対応しませんが、専用のエンドピースを使用すると 18mm または 20mm のラグ幅にも対応させることができます。価格は 33,880 円 + 税です。

Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5