Google Homeの“Mini”と“Max”が発表、日本でも発売決定

投稿日時 10月 5th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




Google は 10 月 4 日、米・サンフランシスコで開催された新作ハードウェアの発表イベントで、Google Home の新モデル「Google Home Mini」と「Google Home Max」を正式に発表しました。そして、嬉しいことに Google Home の日本投入も発表されました。

Google Home は Google アシスタントを内蔵しており、音声で物事を処理し、得た情報や結果等を音声で伝える賢い Bluetooth スピーカーです。それだけではなく、Chromecast 受信機としての機能、他の Chromecast デバイスにキャストする機能、他の IoT デバイスと連携する機能も搭載しており、これら全てを Google アシスタントのボイスインターフェイスで操作します。

Google Home が何たるかはこちらのレビュー記事で紹介していますので、よければご覧ください。

今回発表された Google Home Mini は初期型よりも背の低い小型版で、Google Home Max はハイスペックなステレオスピーカーを内蔵した音質重視の最上級モデルです。

日本で発売されるのは、初代 Google Home と Google Home Mini の 2 機種で、今週末より販売が始まります。

Google Home Mini は直径 98mm、高さ 42mm と背の低いスピーカーデバイスで、チョーク、チャコール、コーラルの 3 色から選択できます。上部にスピーカーが位置しており、中央部と両サイドがタッチセンサーになっています。タッチセンサーのタップで音楽の停止や再生、長タップで Google アシスタントの実行、両サイドをタップするとボリュームを調節できます。マイクスイッチを切れば音声入力を停止でき、普通のスピーカーとして使用できます。

ワイヤレス規格は Wi-Fi と Bluetooth をサポートしており、音声コーデックは HE-AAC と LC-AAC+ をサポートしています。価格は $49 で、海外では 10 月 19 日に発売されます。




Google Home Max は横幅 335.2mm、高さ 187.9mm、奥行き 152.4mm というコンポのように大きな Google Home で、チョークとチャコールの 2 色が発売されます。

内部には 2 つの high-excursion 4.5 インチウーファー(ダブルボイスコイル)と 18mm 径カスタムツイーターが内蔵されており、非常に大きくて良い音が出ると言われています。また、ARM ベースのクアッドコアプロセッサを搭載しており、マルチルームオーディオや、設置場所の環境に合わせて音の出方を最適化する「スマートサウンド」などの処理を高速に実行します。本体の上面には Google Home Mini と同じ仕様のタッチセンサーを搭載しており、タップや長タップなどの操作で音楽や Google アシスタントを操作することができます。もちろんマイクスイッチも搭載しています。

価格は $399 で、海外において 12 月に発売されます。

日本において Google Home は 10 月 6 日 10 時に、Google Home Mini は 10 月 6 日 10 時に予約受付が始まり、10 月 23 日に発売されます。販売店舗は、au ショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天市場です。なお、ビックカメラ有楽町店では「Google Home コーナー」が既に設置されています。

Source : Google Store

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5